ベルリンが舞台の都市バス運行シミュレーター『The Bus』が開発中。製品版には自由に運行できるモードと、車両の購入や社員の雇用も行うモードが実装

TML-Studiosは現在、ベルリンで都市バスを運行するPC(Steam)向けドライビングシミュレーター『The Bus』を開発中だ。早期アクセスは、3月25日(木)に開始予定

画像はSteamより

『The Bus』は、舞台となるベルリンが1/1スケールで再現されているほか、乗客が購入した乗車券の確認も行うなど非常にリアルなシミュレーションが可能な作品。

製品版では、好みの車両、日時を選択してチケットの販売、確認を行いながら運行するフリープレイと、自身のバス会社を持ち、車両の購入やメンテナンス、社員の雇用などもこなすエコノミーモードが選択でき、マルチプレイにも対応する。
また、早期アクセス中には観光スポットやランドマーク、天候、季節、フォトモードなど、よりベルリンをリアルに感じられるようになるマップや機能の追加が予定されている。

早期アクセスは8ヶ月から1年4ヶ月ほどを予定しており、3つのフェーズのアップデートが用意されている。早期アクセス開始と同時に始まるひとつめのフェーズ1.0では、

・ベルリンのテーゲル空港から出発するTXL系統の路線
・通常のバスと連節バス
・車両を選択し好きな日時で自由に路線を運行できるシングルプレイヤー・フリープレイモード
・乗客の乗り降りを伴う旅客輸送
・乗客へのチケット販売

が実装される。

価格はまだ発表されていないが、ゲーム内の機能やコンテンツが追加されるにしたがって段階的に上昇するとのことだ。字幕やインターフェースで日本語対応。

『The Bus』Steamストアページはこちら

#バス #開発


ベルリンが舞台の都市バス運行シミュレーター『The Bus』が開発中。製品版には自由に運行できるモードと、車両の購入や社員の雇用も行うモードが実装