矢部太郎原作『大家さんと僕』新作5話放送 アニメオリジナルエピソードも

お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎の漫画デビュー作『大家さんと僕』のテレビアニメ第11話〜15話が、NHK総合で24日(後11:45〜0:10 5分×5話)に放送されることが、発表された。

本作は、新宿区のはずれの一軒家で1階に住むおばあちゃんの大家さんとのほのぼのとしてほっこり温かい日常が描かれ、続編『大家さんと僕 これから』を含むシリーズは累計120万部を突破している。

テレビアニメは、昨年3月と6月に各5話を放送。今回放送される11〜15話のうち、13話「ライバル」には、原作漫画で人気の後輩芸人・のちゃーんが本人役で登場。14話「花火」は原作にないオリジナルエピソードで、アニメならではの物語を紡ぐ。

■矢部太郎コメント
この春も『大家さんと僕』の新作アニメが放送されること、とてもうれしく思います。今回はなんと、アニメオリジナルのお話も作られました。僕と大家さんが花火を見るお話です。原作にはない物語に、僕が一番興奮しています。
そして!原作で大家さんの次に人気のキャラ(僕よりも!である後輩芸人のちゃーんも登場します。しかも、本人自ら声を演じていて…目立ちすぎです(笑)。どちらも素晴らしすぎて、夢のようです!
シーズン1が放送された昨年3月。先の見えない不安な夜にアニメ『大家さんと僕』をたくさんの方と見たこと、そしてご感想をいただいたことで、僕自身救われた思いがありました。まだまだ大変な時が続きますが、おやすみ前のひとときに、ご覧になって、大切な誰かのことを思ってもらえたら幸いです。

#大家 #大家さんと僕 #アニメ #矢部太郎 #新作


矢部太郎原作『大家さんと僕』新作5話放送 アニメオリジナルエピソードも