小川慶太さん参加曲「Slow Burn」がグラミー賞受賞

米国の音楽界における最高の栄誉とされる「第63回グラミー賞」の発表・授賞式が15日(日本時間)、ロサンゼルスであり、ドラマーでパーカッショニストの小川慶太さんが、参加したボーカル楽曲「Slow Burn」で「最優秀インストゥルメンツ/ボーカル・アレンジメント」部門を受賞した。同部門は、優れた編曲をたたえるもの。小川さんは編曲者の一人として名前が挙げられていた。

1982年生まれの小川さんは、長崎県佐世保市出身。15歳でドラムを始め、2005年に渡米。現在は、ニューヨークを拠点に活動している。グラミー賞では17年、参加したジャズユニット「スナーキー・パピー」のアルバムが最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム部門を受賞した。【広瀬登】

#グラミー賞 #授賞式 #ロサンゼルス #ドラマー #名前


小川慶太さん参加曲「Slow Burn」がグラミー賞受賞