『シン・エヴァンゲリオン劇場版』盗撮被害 公式サイトで「厳しく対処していく所存」と声明

エヴァンゲリオン公式サイトは13日、今月8日に公開したばかりの #庵野秀明 監督の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4作目『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本編を盗撮した映像がネット上にアップロードされているとして「厳しく対処していく所存です」と声明を発表した。

「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』盗撮行為及びアップロードについて」と題し、「現在公開中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本編を盗撮した映像がネット上に見られます」と指摘。「劇場での映画の盗撮行為は『映画の盗撮の防止に関する法律』(映画盗撮防止法)により犯罪です。また、盗撮した映画本編をYouTubeやTwitter、Facebook等にアップロードすることは著作権侵害にあたります。映画盗撮防止法および著作権法に反して著作権侵害が行われた場合には、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方が科せられる可能性があります」と説明した。

「当社はこういった行為に対しては厳しく対処していく所存です」とし、「既に2018年7月に起こった盗撮事案に関しては、被疑者が書類送致されております。なお、今回の盗撮被害については、本作品において当社と共同配給業務を行う東宝・東映とも協議し、対応を進めております」としている。

#シン・エヴァンゲリオン劇場版 #盗撮 #声明 #庵野秀明


『シン・エヴァンゲリオン劇場版』盗撮被害 公式サイトで「厳しく対処していく所存」と声明