新田真剣佑、オンラインゲーム愛語る 総プレイ時間は2000時間「対戦出来たらDMお待ちしています」

俳優の #新田真剣佑 が出演する、国内eスポーツリーグブランド「X MOMENT TM(エックスモーメント)」のリーグ開幕ムービー“次のヒーロー篇”が12日より公式サイトで公開された。本ムービーは13日から開催される「Rainbow Six Japan League 2021 (RJL 2021)」を記念したもので、株式会社NTTドコモが運営を務める。

自他共に認める生粋のゲームファンである新田。今回のリーグで行われるゲーム「レインボーシックス シージ」についても総プレイ時間が2000時間を超えるなど、名プレイヤーとして知られている。本ムービーでは新田がPCのモニターに向かい、相手チームとゲームで対戦し、プレイに集中する姿を公開。1人対5人という不利な状況から1対1へ持ち込んでいく展開では、キーボードやマウスを操作する新田の手元と、刻々と変化していく表情が交互に映し出され、緊張感あふれる映像となっている。

新田は「頻繁にやっていた頃は、友達と毎日何時間も会話ツールを繋げて、電話のように話してましたね。もともと一緒にやろうって言ったのが映画の現場で、その映画のキャスト11人を巻き込んでやってます」と普段のゲームの様子を語った。

また、今年卒業する学生に向けては、「卒業おめでとうございます!こんな時期なので、友達と外で遊ぶこともなかなかできないですが、シージを通して、卒業しても離れ離れになってしまうかもしれない友達とオンラインで再会して、毎日のように話し合える場があるので、ぜひ興味があったらシージを始めてみてください。僕もやっているので、いつか対戦出来たら、DMしてくださいお待ちしてます。」とメッセージを残した。

13日に開幕する「Rainbow Six Japan League 2021(RJL2021)」は、賞金総額3,200万円、さらに「APACNorth2022」昇格戦へ出場する権利をかけ8つのプロゲーミングチームが対戦するレインボーシックスシージの国内リーグ。リーグの模様は、YouTubeなどで配信が行われる予定だ。

#新田真剣佑 #オンラインゲーム #俳優 #eスポーツ #ヒーロー


新田真剣佑、オンラインゲーム愛語る 総プレイ時間は2000時間「対戦出来たらDMお待ちしています」