ポストアポカリプスアドベンチャー『Paradise Lost』が3月24日(水)に発売。核によって壊滅した世界で、土着宗教とテクノロジーが融合した謎の地下都市を舞台に孤独な冒険へ出よう

All in! Gamesは3月24日、ポストアポカリプスアドベンチャー『Paradise Lost』を3月24日(水)にSteamにて発売する。

画像はSteamより

第二次世界大戦が20年続いた後、核によって壊滅したヨーロッパ。プレイヤーは母を亡くした12歳の少年・Szymonとして、母の写真に映る見知らぬ男性を探すためヨーロッパの不毛の地をさまよっていたところ、巨大な掩蔽壕を発見する。

掩蔽壕には、先進的なテクノロジーとスラヴ神話が融合した謎の地下都市が広がっていた。文明から孤立したはずのこの地では、「Ewa」と名乗る少女がテクノロジーを通じて主人公に接触してくる。母の写真に映る謎の男性を突き止めるため、「Ewa」を探し出そう。
物語は一人称視点で展開し、謎とロマンあふれる地で孤独な冒険に没入することができる。

価格は現在不明。日本語字幕に対応。Steamページでは世界観を感じられる動画が上がっているので、気になる方はぜひチェックしてほしい。

『Paradise Lost』Steamページはこちら『Paradise Lost』公式サイトはこちら

#発売 #世界 #宗教 #地下 #都市


ポストアポカリプスアドベンチャー『Paradise Lost』が3月24日(水)に発売。核によって壊滅した世界で、土着宗教とテクノロジーが融合した謎の地下都市を舞台に孤独な冒険へ出よう