サンド伊達さん「たった10年経っただけ」 ブログで震災へ思い

宮城県出身のお笑いコンビ「 #サンドウィッチマン 」の #伊達みきお さんは11日、自身のブログ(https://ameblo.jp/mikio-date/entry-12661621640.html)を更新し、「地元の方々は、とにかく復興に向かって全力で走り続けた10年。明日から、ほんの少しだけゆっくり…たまには寄り道しながらまた前に進んで欲しい」と、東日本大震災で被災した人々への思いをつづった。

伊達さんは「今日で10年。歯を食い縛り、本当によく頑張ってきました。この地に、縁もゆかりも無いボランティアの方々が泥まみれになって助けてくれたから今がある。縁もゆかりもある我々は、もっと懸命に頑張らないといけない。じゃないと、助けて下さった方々に失礼だ」と感謝と決意を述べた上で、「たった10年経っただけ。行方不明者はまだ2500人以上。捜索は今も続いている。整理がつかない方も多い。遺族は10万人を超える」と被災者の苦しい現状に思いをはせた。

「これからも、我々は何も変わらず共に生きて行きます。地元の方々は、とにかく復興に向かって全力で走り続けた10年。疲れも出てくるでしょう。明日から、ほんの少しだけゆっくり…たまには寄り道しながらまた前に進んで欲しいです」とし、「いつ、どこで何があるか分からない自然災害。また、同じ様な悲劇が起こらない様に、あの日を体験して生き残った者として伝えて行きます」と決意を語った。

#ブログ #震災 #宮城県 #お笑いコンビ #サンドウィッチマン


サンド伊達さん「たった10年経っただけ」 ブログで震災へ思い