『スーパーマリオRPG』が発売から25周年を迎える。任天堂とスクウェアが手を組んで開発したマリオ初のRPG、当時はパックンフラワーが歌うCMも話題に

本日2021年3月9日は、『スーパーマリオRPG』が発売されてから25周年の日にあたる。この日を祝して、任天堂の公式Twitterアカウント「スーパーマリオブラザーズ35周年」や、『スーパーマリオRPG』の開発者がお祝いのツイートをしている。

1996年3月9日に発売されたスーパーファミコン向けソフト『スーパーマリオRPG』は、任天堂とスクウェアによるアクションRPG。あの人気キャラクター「スーパーマリオ」を主役とした『ファイナルファンタジー』シリーズのスクウェアのRPGということで題性を呼び、当時大ヒットを記録。またコミカルなストーリーや、クォータービューのグラフィック、ジャンプアクションなどマリオならではのシステムが評判を呼び、ユーザーから高い評価を得ることができた。

また当時、「ロールプレイングゲーム♪ やったことない人も (OK!) マ・リ・オと旅にでようドラマを作ろう♪」とパックンフラワーが歌うテレビCMが盛んに放送され、記憶に残っている人も多いだろう。特典としてスーパーファミコン本体が4000円割引になるクーポン券も付属していた。

(画像はYouTube『【ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン】スーパーマリオRPG』より)

(画像はYouTube『【ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン】スーパーマリオRPG』より)

(画像はYouTube『【ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン】スーパーマリオRPG』より)

開発スタッフとしては、『スーパーマリオ』の生みの親である宮本茂氏がプロデューサー、『ファイナルファンタジー』シリーズの坂口博信氏がスーパーバイザーを務めている。またのちに『moon』を手掛けることになる倉島一幸がモンスターデザインやキャラ区デーデザインを担当。倉島氏は『スーパーマリオRPG』のイラストをツイートして25周年を祝している。

また『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の桜井政博氏も本作の25周年をツイートで祝した。

なお現在、『スーパーマリオRPG』をプレイするならばWii Uのバーチャルコンソールか、ミニスーパーファミコンに収録されているので、それらを利用するのが手軽だろう。『マリオ&ルイージRPG』を遊んだことがあるが、原点ともいえる『スーパーマリオRPG』を遊んだことがない人は、この機会に遊んでみてはいかがだろう。

『スーパーマリオRPG』 公式サイト
バーチャルコンソール 『スーパーマリオRPG』

ライター/福山幸司

#RPG #スーパーマリオ #発売 #任天堂 #開発


『スーパーマリオRPG』が発売から25周年を迎える。任天堂とスクウェアが手を組んで開発したマリオ初のRPG、当時はパックンフラワーが歌うCMも話題に