アニメ『ましろのおと』追加キャストに麻生智久、梶裕貴、落合福嗣ら 第2弾PVも公開

 テレビアニメ『ましろのおと』(4月2日よりMBS/TBSのアニメイズム枠で放送)の第2弾PV、追加キャラクター&キャスト情報が公開された。澤村松吾郎を麻生智久、梶貴臣を #梶裕貴 、荒川潮を落合福嗣、山野桜を谷口夢奈、小薮啓子を高柳知葉、大俵ヒロシを木村匡也、タケトを柿原徹也が演じる。

 同作は、『月刊少年マガジン』(講談社)で2010年より連載中の津軽三味線×青春ストーリー漫画が原作で、津軽三味線を題材にした作品。16歳の津軽三味線奏者の澤村雪が、三味線の師であった祖父が亡くなったことで、自分の音を探すため単身上京する青春ストーリー。自分の弾くべき音を見失ってしまった雪が、さまざまな人々と出会いながら今、自らの音を探す旅を始める。

■キャストコメント(質問 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み)
・麻生智久
そうかぁ・・・・・・雪にとっての松吾郎って・・・各々のキャラクターにとっての松吾郎って・・・みんなにどう見えていたのか?どう見えているのか?口数の多い人じゃあないだろうし・・・・・・・「おはようございまぁす。えっ松吾郎ですか?そりゃもうカンペキです。へへっ」ヤバッ!マイクが目の前に!!

・梶裕貴
まさかの「梶」役、とてもうれしいです!(笑)梶くんは、才能ある三味線奏者でありつつ、良い意味で普通な、若者らしい男の子です。関西弁というハードルはありましたが、彼の持つ柔らかさを意識しつつ、丁寧に演じさせていただきました。

・落合福嗣
潮はとってもパワフルな三味線奏者。パワフルかつ三味線に一直線な彼と出会えて演者としてとてもうれしいです。リハーサルVTRには潮が奏でる力強い三味線の音色が収録されていて演じる時、気持ちが奮い立ったのを今でも覚えています!

・谷口夢奈
最初の桜の印象は、控えめでおとなしい子かな?という感じでした。でも演じていくうちにそんな印象とは真逆で、とてもはっきりしていて素直、可愛らしさもあり“みんなのお母さん”感がある子でした(笑)雪を応援する一生懸命さ、純粋さ、そんな桜の頑張りが皆さんに伝わればうれしいです!

・高柳知葉
表情がくるくると変わったり、ちょっと欲望の赴くままな面もあるところが非常に愛らしい人で、自分が小藪先生の生徒だったら友達みたいな感覚で休み時間もずっとおしゃべりしに先生のもとへ行っていた気がします。一方でしっかりと生徒たちを見守る先生らしい一面もあり、全てにおいてとても愛に溢れた人だと思うので、私もたくさんの愛を持って精一杯演じさせていただきます。

・木村匡也
声優本格デビュー作でいきなりこんないい役いただいて恐縮です。役の大俵ヒロシにはとても及びませんが、私も津軽三味線の大ファンです。民謡酒場に通いつめ、恥も外聞もなく客前で下手くそな民謡まで歌っております。だからハートとソウルだけは「大俵」なんです。ましろのおとを見て若い人たちが津軽三味線に興味を持ってくれたら本当にうれしいです。
大俵と同じくらいウルウルなって応援致します

・柿原徹也
個人的には伸び伸びと自由に暴れさせてもらったので非常に楽しい作品になりました。笑津軽三味線と青森の方言が織りなす前代未聞のストーリーに演じている役者も引き込まれていきました。

(C)羅川真里茂・講談社/ましろのおと製作委員会

#アニメ #キャスト #梶裕貴 #テレビ #MBS


アニメ『ましろのおと』追加キャストに麻生智久、梶裕貴、落合福嗣ら 第2弾PVも公開