うみゃ〜でよ!「八十亀ちゃんかんさつにっき」Pascoとのコラボパン第4弾発売

 名古屋をはじめとする中京圏ご当地ネタが満載の「八十亀ちゃんかんさつにっき」と、地元名古屋のパン会社Pasco(敷島製パン)とのコラボパン第4弾が2021年3月1日に発売されました。このために描き下ろされたキャライラストをパッケージにデザインした2種類の商品が、中部エリア及び関西・関東の一部地域で4月30日までの期間限定で販売されます。
 安藤正基さんの漫画「八十亀ちゃんかんさつにっき」は、名古屋を中心とした中京圏あるあるなローカルネタが満載の作品。2021年1月からは、八十亀ちゃん役の #戸松遥 さんをはじめ、キャストに方言のネイティブスピーカーを配したTVアニメ第3期「八十亀ちゃんかんさつにっき 3さつめ」も放送されています。

 作品の舞台である名古屋に本社を置く地元製パン会社、Pasco(敷島製パン)とのコラボは、今回が4回目。パッケージデザインには、この企画のために描き下ろされたキャラクターイラストを採用しています。
 コラボ商品は2種類。八十亀ちゃんがくわえて走るイラストが目印の「小倉フレンチ」は、菓子パンの定番として親しまれている商品。フレンチ液をしっかりしみ込ませた食パンに小倉あんをはさみ、さっと焼き上げた上に、食べやすいよう半分にカットしています。

 只草舞衣と八十亀ちゃんが描かれたパッケージの「八十亀ちゃんホットケーキサンド」は、名古屋らしさを感じる粒あんとマーガリンをサンドした、この企画だけの新フレーバー。口にすれば「うみゃ〜でかんわ(おいしくってたまらないわ)!」と言いたくなるかも。
 また、対象商品のパッケージ表面にある2次元コードを読み込むと、八十亀ちゃんたちのキャラがARで登場するという仕掛けも。このARキャラクターと、皆さんがおすすめする「ご当地名物」を一緒に撮影し、その画像をハッシュタグ「#八十亀ちゃんパスコ」をつけてTwitterに投稿すると、抽選で30名にオリジナルエプロンがプレゼントされるキャンペーンも実施されます。

 撮影する「ご当地名物」は、グルメや観光地など、内容に制限はないとのこと。八十亀ちゃんたちと、いろんな写真を撮っちゃいましょう。キャンペーン特設サイトには、詳細情報のほかTwitterの投稿ボタンも設置されています。
(C) 安藤正基・一迅社/八十亀ちゃん3製作委員会
情報提供:テレビ愛知株式会社
(咲村珠樹)

#発売 #名古屋 #ご当地 #敷島製パン #キャラ


うみゃ〜でよ!「八十亀ちゃんかんさつにっき」Pascoとのコラボパン第4弾発売