『The Elder Scrolls V: Skyrim』(スカイリム)が1人から4人まで一緒に遊べるボードゲーム化。ボードゲームに特化したクラウドファンディングサイトで資金を集める予定

 『The Elder Scrolls V: Skyrim』のボードゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim The Board Game』がクラウドファンディングサイト「Gamefound」でスタートする予定だ。開始時期は未定。海外メディアPolygonが報じている

 ボードゲーム版を製作するのは、これまで『Fallout』シリーズや『The Elder Scrolls』シリーズのボードゲームを手がけた実績のあるModiphius Entertainment。1人から4人まで遊べる協力型ボードゲームになる。詳細は多く明かされていないが、今後さらなる発表があるだろう。

 「Gamefound」は、ボードゲームクリエイターが作ったボードゲームに特化したクラウドファンディングサービスだ。Kickstarterの成長には目を見張るものがあり、年間総収益の3分の1がボードゲームやTRPGなど、テーブルトップゲームのものなのだという。しかし、Polygonのインタビューに応じたGamefoundの創設者によると、Kickstarterは最も収益性の高い顧客のニーズに適応するのに時間がかかっているとのこと。

 Kickstarterはストレッチゴールやアドオンなど、現代的なボードゲームには一般的な拡張版やアップグレードアイテムの配信に問題を抱えている。外部サイトBackerkitを使用するなどして対応しているが、プラットフォーム内部で完結していない。
 一方のGamefoundは、キャンペーン終了後であってもプラットフォームの外に移動する必要はない。また、コミュニティ機能も優先して整備する。これらの機能を持っていても、利用料金はKickstarterと変わらないとしている。

 すでに人気ゲームをボードゲーム化する『Darkest Dungeon: The Board Game』を筆頭に、複数のゲームのプロジェクトが進行中だ。

(画像はGamefound公式サイトよりより)
(画像はModiphius Entertainment公式Twitterアカウントより)

 4人まで協力できる『The Elder Scrolls V: Skyrim The Board Game』はどのような作品になるだろうか。興味がある方はGamefoundのアカウントを作成し、ゲームのページをフォローして続報を待って欲しい。

The Elder Scrolls V: Skyrim The Board Game by MODIPHIUS ENTERTAINMENTはこちら

#海外メディア


『The Elder Scrolls V: Skyrim』(スカイリム)が1人から4人まで一緒に遊べるボードゲーム化。ボードゲームに特化したクラウドファンディングサイトで資金を集める予定