一人称視点スカイダイビングゲーム『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!!』2021年に発売へ。長すぎるタイトルと独創的なゲームプレイで名を馳せた作品が大復活

 ボストンに拠点を置くゲーム開発会社Dejobaan Gamesは、一人称視点スカイダイビングゲーム『AaaaaAAaaa #AAA aaAAAAaAAAAA!!!』Steamストアページを公開した。2021年の発売に向けて開発中だ。

 『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!!』は、2009年に発売された『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!! — A Reckless Disregard for Gravity』に始まる『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!!』シリーズ4本目の作品だ。2011年に発売された『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!! for the Awesome』は2012年にモバイルにも移植されたが、PC向けには10年ぶりの新作となる。

 『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!!』シリーズは一人称視点で摩天楼から落下し、障害物をギリギリで避けたり、得点が書かれたガラスを粉砕してスコアを稼ぎ、ランディングポイントに着地することを目指すゲームだ。一人称視点のゲームでは大変珍しく、プレイ中ほとんどのシーンで下を向いたままとなる。

 新作『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!!』は前作『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!! for the Awesome』までのゲームプレイを引き継ぎながら、グラフィックなどをパワーアップ。「4階建ての巨大なケーキがあるステージ」や「巨大なバルーンとパレードがあるステージ」など、個性的なステージが追加されているという。これらのランドマークに突っ込んでぶっ壊すことも可能だ。

(画像は『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!!』より)
(画像は『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!!』より)

 見てもらえればわかるように、同シリーズはゲームプレイ以上に無謀なまでに長いタイトルで有名なゲームでもある。1作目の『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!! — A Reckless Disregard for Gravity』は、世界一タイトルが長いビデオゲームとしてギネス世界記録に認定された。公式な略称は『AaAaaAA!!!』となっている。

 ちなみに、まったく規則性がないように見える「A」の並びだが、じつは5文字ずつで区切られており、最初の「Aaaaa」は大文字Aがひとつで小文字aが4つ、次の「AAaaa」は大文字Aがふたつに増えて小文字aが3つに減る。その次は「AAAaa」と、徐々に大文字の割合が増えていく。もしもタイトルが思い出せなくなったら、「Aaaaa」からひとつずつ大文字Aが増えて小文字aが減っていくと覚えておくと良いだろう。

 ギネス記録を取っただけあってか、Steamのストア表示を破壊したという逸話もある。そのためか、第1作目のSteamでのタイトルは『AaAaAA!!! – A Reckless Disregard for Gravity』と少し短くなっている。ただし、正式名称はあくまで『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!! — A Reckless Disregard for Gravity』だ。

 なお、長すぎるタイトルで有名な本作だが、初代『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!! — A Reckless Disregard for Gravity』は小規模開発ゲームがインディーゲームとして注目され始めた時代に登場した作品で、AAAタイトルでは作れないような斬新なゲームプレイは高い評価を受けた。

(画像は『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!!』より)
(画像は『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!!』より)

 まさかの大復活に驚きを隠せない『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!!』は、2021年内リリース予定。ゲームに興味がある方はゲームをウィッシュリストにいれ、Dejobaan GamesのTwitterアカウントをフォローして続報を待とう。

Steam 『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!!』 ストアページ

ライター/古嶋誉幸

#復活


一人称視点スカイダイビングゲーム『AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!!』2021年に発売へ。長すぎるタイトルと独創的なゲームプレイで名を馳せた作品が大復活