オンラインアクションRPG『ANTHEM』の再開発が新型コロナウイルスの影響で中止。 今後は『マスエフェクト』などに注力

 BioWareのディレクターであるChristian Dailey氏は米国時間2月24日(水)、同社が手がけるオンラインアクションRPG『ANTHEM』の再開発を中止したと発表した。なお、ライブサービスは引き続き利用できる。

画像は「Anthem」ローンチトレーラーより

 『ANTHEM』は、2019年1月にエレクトロニック・アーツより発売されたタイトル。 プレイヤーは、神々の「賛美」によって生み出された怪物や巨大な獣、天変地異、そして「賛美」の力を我のものにしようとする者に立ち向かう「フリーランサー」として、それぞれ俊敏性や防御力などに優れた4種の「ジャベリン」と呼ばれる強化外骨格を身につけ戦うこととなる。最大3名でオンラインマルチプレイが可能だ。

 Christian Dailey氏は「ポジティブな反応や、フィードバックは、私たちの心を奮い立たせてくれました」とプレイヤーに感謝を述べた上で、中止の理由として新型コロナウイルスによる在宅ワークへの移行によって、スタッフに過度なストレスを与えず計画通りに開発することが不可能になったことを挙げている。
 今後は、『ドラゴンエイジ』『マスエフェクト』の開発や、『スターウォーズ: The Old Republic』のよりよいアップデートに注力するとのことだ。

画像は「Anthem」ローンチトレーラーより

BioWare Blog「Anthem Update」はこちら『ANTHEM』公式サイトはこちら

#オンライン #アクション #RPG #再開 #中止


オンラインアクションRPG『ANTHEM』の再開発が新型コロナウイルスの影響で中止。 今後は『マスエフェクト』などに注力