「学校の怪談」をモチーフにしたホラーアドベンチャーノベルゲーム『関門高:The Ghost Gate』が3月13日(土)に発売。手がかりを集めて恐ろしい学校の謎を暴こう

 韓国のインディゲームスタジオ・Studio AWEは2月24日(水)、同スタジオが手がけるPC(Steam)向けホラーアドベンチャーノベルゲーム『関門高:The Ghost Gate』の発売日が3月13日(土)に決定したと発表した。また、現在配信中の体験版をプレイしてレビューを書くことで、抽選で製品版のゲームキーが当たるキャンペーンも実施中だ。

 『関門高:The Ghost Gate』は、ポイント&クリック式の探索要素が加わったビジュアルホラーノベル。「学校の怪談」をモチーフに韓国のホラー映画をイメージし制作されたシナリオと、ウェブコミックを連想させるビジュアルが特徴だ。作品内には『リング』『エクソシスト』など有名なホラー作品のオマージュも散りばめられている。
 舞台は、月が隠れる夜になるとその力が甦る、霊界へ通じる関門に建てられた学校。「忘れ物を取りに」や「噂されている13怪談の正体を暴くため」など、さまざまな理由で学校へ集まった高校生たちは学校へ閉じ込められてしまう。幽霊に恐怖しながらも、それぞれわずかな手がかりで真相を究明していくこととなる。

 メインストーリーでは、11名の登場人物が2つのグループに分かれたそれぞれの物語が同時に進む。グループの行動が及ぼす、もう一方のグループへの影響も見どころだ。登場人物の詳細なプロフィールや、それぞれの過去を描いたサイドエピソード、死亡エンドを全て収集することで見られるアナザーストーリーなど豊富なコンテンツも収録されている。
 また、学校に隠された手がかりを見つけるための探索パートは時間制限つきとなっており、タイムオーバーすると恐ろしい結末が待っている。

 現在、日本語にも対応した体験版を配信中。2月28日(日)までにレビューを書くと抽選で製品版のゲームキーが当たるキャンペーンも実施中なので、気になる方はぜひチェックしていただきたい。

 開発者によると、日本の「七不思議」のように、韓国にも「7大不可思議」というものが存在しており、学校の怪談はメジャーなモチーフだそうだ。馴染み深くも新鮮なテーマで描かれるホラーに期待しよう。

 価格は税込1950円。

 リリース全文は以下のとおり。

学校の怪談をめぐるホラーノベルゲーム
「関門高:The Ghost Gate」
3月13日(土)発売決定!

 キービジュアル(key visual)
– 韓国のホラーノベル・インディゲーム「関門高:The Ghost Gate」3月13日に発売決定。
– 製品版の日本語は翻訳作業中、体験版は既に日本語対応済み。
– ゲームキーをプレゼントする、体験版のプレイレビューイベントも実施中!(2月28日まで)

韓国のインディゲームスタジオ・Studio AWEが開発したホラービジュアルノベル「関門高:The Ghost Gate」は、STEAMで、2021年3月13日(土)に発売すると決定しました。「関門高」はWindows/Mac/Linuxに対応しており、製品版の日本語は翻訳作業中。体験版は日本語対応済みです。

● 公式プロモーションムービー:https://youtu.be/yKxQuXO6CAU
● Steamストアページ:https://store.steampowered.com/app/380680/
「関門高:The Ghost Gate」は、ポイント&クリックの探索要素を加えたホラービジュアルノベルです。真夜中の高校を舞台に、一夜に起きた事件と、関連する過去のエピソードが描かれています。
● あらすじ(Synopsis)
霊界へ通じる関門に建てられた学校、晦日の夜になるとその力が蘇る。

学校中に広まる怪談の実体を確かめるために、置き忘れた物を取りに行くために…。それぞれの理由で真夜中の学校に集まった高校生たちは、正体不明の幽霊たちを見て恐怖に震える。友達も失い、出ることもできなくなった学校の中で、生徒たちはわずかな手がかりを頼りに真相を把握し始めるが…。

● ポイント&クリックアドベンチャーシステムを加えたホラービジュアルノベル
「関門高」は、一般的なビジュアルノベルのように選択肢を選んでいくだけではなく、数秒以内に隠された手がかりを見つける探索シーンがあります。タイムオーバーになってしまったとき、何が起こるのか…。ホラー演出に注目です。

● 2つの流れが並列に進むメインエピソード
メインストーリーは、2つのグループそれぞれの視点で並列に進行します。各グループがどう動いて、どうやって出会うのか、そして一方のグループの行動がもう一方のグループにどう影響するのかが見所です。

● キャラクター達の過去を見られるサイドエピソード
「関門高」には多数のキャラクターが登場します。彼はなぜ彼女のことを知っているのか?彼女はどうして他の人物にあんな態度をとるのか?こうしたいろんな疑問点が、サイドエピソードで明かされます。

● キャラクター別アフターストーリー、人物情報など、さまざまな収集要素
「13怪談」の内容や、この一夜に起きた出来事、キャラクターたちのプロフィールなどの情報を収集し、メニューから閲覧することができます。さらに、エンディングのあとに見られるキャラクター別アフターストーリー、死亡エンドをすべて集めると見られるアナザーストーリーなどの豊富なおまけコンテンツがあります。

● 開発者コメント
Studio AWEは韓国のインディゲームスタジオです。
韓国のスタンダードなホラーをノベルゲームという形で世界に発信しようと企画して、最初から英語や日本語への対応を考えていました。ストーリーは、韓国ホラー映画の構造を意識して、全体的なビジュアルは、韓国のウェブコミックを思わせるタッチにしました。
日本の「七不思議」のように、韓国にも「7大不可思議」というものがありまして、「学校の怪談」はかなりお馴染みの題材です。「関門高」には「13怪談」があり、お馴染みのネタを盛り込みながら、いろいろと捻ったりもしていますので、日本のユーザーたちにとって馴染み深く、新鮮味もあるものを披露できると思っています。
韓国の映画やゲームだけでなく、「リング」「エクソシスト」など、有名作品のさまざまなオマージュが入っています。どんなオマージュがあるのか探してみるのも楽しみの一つになるかと思います。

● キャラクター紹介

「チェ・スンヨン」

関門高校の2年生。
学校に置いてきた問題集を取りに来た。
一人で夜の学校に入るのが怖くて、友達のジヒを呼んで一緒に行くことにしたが…。

「ソ・ハリン」

関門高校の1年生。
友達に怪談探訪を提案した主犯だ。
自分を含む5人が学校に集まって、怪談の伝えるとおり午前0時を待つことにしたが…。

全キャラクターのプロフィール画像はこちら: https://store.steampowered.com/news/app/380680/view/2233169104205270730

「関門高:The Ghost Gate」は、STEAMにて2021年3月13日(土)に発売予定です。
2月28日までにレビューを書くと抽選でゲームキーをもらえる、体験版のプレイレビューイベントも実施中ですので、ぜひともご参加をお願いいたします!

● 公式プロモーションムービー
https://youtu.be/yKxQuXO6CAU

● Steamストアページ
https://store.steampowered.com/app/380680/

● イベントのお知らせ
https://store.steampowered.com/news/app/380680/view/3046091653114048318

● ゲーム仕様
ゲームタイトル: 関門高:The Ghost Gate
プラットフォーム : PC(STEAM)
ジャンル : ホラービジュアルノベル
リリース日 : 2021年 3月 13日(土)
価格 : 1,950円(税込)
プレイ人数 : 1人
対応言語: 日本語、英語、韓国語
開発元:Studio AWE
パブリッシャー: Studio AWE
コピーライト: © 2021 Studio AWE

『関門高:The Ghost Gate』Steamストアページはこちら『関門高:The Ghost Gate』日本語PVはこちら

#Steam #レビュー


「学校の怪談」をモチーフにしたホラーアドベンチャーノベルゲーム『関門高:The Ghost Gate』が3月13日(土)に発売。手がかりを集めて恐ろしい学校の謎を暴こう