アニメ『装甲娘戦機』第8話あらすじ&場面カット公開!九州到達を目前にしたリコたち

レベルファイブの大人気タイトル「ダンボール戦機」を基としたプロジェクトがレベルファイブ×DMM GAMESがコラボして遂にアニメ化!この度、第8話あらすじ&先行場面カットが公開されました。

第8話あらすじ&先行場面カット

あらすじ

人類の存亡を懸けた装置《スイッチ》をたずさえ九州到達を目前にしたリコたちは、その全域を囲む時空歪みのため上陸できずにいた。唯一の進入路である関門橋を塞ぐ巨大ミメシスの融合体を撃破すべく装甲娘として出撃する五人だったが、敵と間近で相対したキョウカを突如異変が襲う。

融合体の中枢に居座るミメシス〝アンモナイト〟が、キョウカと深い因縁を持つ個体だったのだ。スズノの発案とオタクロスの協力により、砲台跡を利用した関門橋突破作戦が開始されたとき、そこにキョウカの姿はなかった。

場面カット

アニメ『装甲娘戦機』

放送情報

TOKYO MX 1月6日より毎週水曜日24時
BS11 1月6日より毎週水曜日25時半
MBS 1月7日より毎週木曜日26時半

あらすじ

今日から私はスナイパー……!?

日常を奪われ、その肢体に〝LBXユニット〟と呼ばれる戦術兵器を纏う5人の少女——

〝装甲娘〟たち。選ばれし転移者である少女たちの使命は、多元世界をまたいで蝕み増殖し続ける金属生命体・ミメシスの掃討と殲滅。時空を超えて強いられた傭兵暮らし、それは世界の「希望」と「絶望」とを垣間見る命がけの修学旅行だった!

CAST

リコ:逢田梨香子
ユイ:村川梨衣
キョウカ:大西沙織
ミハル:福原綾香
スズノ:宮下早紀

STAFF

原作:装甲娘(DMM GAMES)
監督:元永慶太郎
シリーズ構成:むとうやすゆき
キャラクターデザイン:堀井久美
ミメシスデザイン:森木靖泰
メカニカルデザイン:安藤賢司、渡辺浩二
世界観設定・軍事考証:鈴木貴昭
色彩設計:横山さよ子
美術設定:滝口勝久(スタジオちゅーりっぷ)
美術監督:根岸大輔(スタジオちゅーりっぷ)
3DCGディレクター:本間貴之
撮影監督:林 昭夫(PRA)
編集:木村祥明
音響監督:えびなやすのり
音楽:坂部 剛
音楽制作:DMM music
協力:レベルファイブ
アニメーション制作:studio A-CAT
製作:装甲娘戦機製作委員会

DMM GAMES:http://pc-play.games.dmm.com/play/soukou/
『装甲娘 ミゼレムクライシス』公式サイトhttps://soukou-musume.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/soukou_official
アニメ公式Twitterアカウント @soumusu_anime

©2020 EXNOA LLC/LEVEL-5 Inc/装甲娘戦機製作委員会

The post アニメ『装甲娘戦機』第8話あらすじ&場面カット公開!九州到達を目前にしたリコたちfirst appeared on JMAG NEWS.

#アニメ #九州 #娘 #レベルファイブ #タイトル


アニメ『装甲娘戦機』第8話あらすじ&場面カット公開!九州到達を目前にしたリコたち