『ニーア リィンカーネーション』でママを100回タップすると、3000ジェムが取得できる隠し要素が発見。5ちゃんねるやYouTuberから配信開始よりわずか1日で発見される

 2月19日にサービスが開始したスマートフォン向けゲーム『ニーア リィンカーネーション』。ヨコオタロウ氏がクリエイティブ・ディレクターを務めた『NieR』シリーズ最新作だ。そんな本作に隠し要素が発見され、Twitterでトレンドに入るほどの反響になっている。

(画像は‎「NieR Re[in]carnation」をApp Storeでより)

 それが「ママを100回タップすると、3000ジェムが取得できる」というもの。これはフィールド上のママを100回タップした後、ミッション項目をみると、それまで非表示だった「ママを100回タップする」が達成した状態になっており、10回分のガチャに相当する3000ジェムが取得できること。

 この情報がTwitterで駆け回りトレンド入りすると、ヨコオタロウ氏や本作でプロデューサーを務める齊藤陽介氏も反応。またディレクターを務める松川大地氏からは「これ、1年くらいバレない予定だったんですが…」とツイート。わずか1日で判明したことに驚いている様子が伺える。

 ヨコオ氏が「何の情報もないまま100回ママをタップした最初の人スゴイ」とツイートしてるように、この情報の出どころを追ってみると、5ちゃんねるのスレッド「ニーアリィンカーネーション【NieR】Part.12」での11の書き込みが、かなり早期の例として見つかる。

 その書き込みとは、「既出かもしれないけど3000ジェムもらえるミッションのチャレンジクエ見つけたので情報をシェアしときます ママを100回タップすると3000ジェムもらえました このクエの存在に気づかなくて〇〇に入ったぐらいで達成して気づきました」【※】というもので、既知の情報ではなく自分で偶然にも発見したことを書き込んでいる。投稿時間は、2月19日13時44分だ。

※書き込み内容の一部にネタバレを含むため、伏せ字しています。

 その後、Twitterで拡散したきっかけを作ったのは、YouTuberの青れんじゃい氏のツイートと見られ、たくさんのRTを集めている。さらに青れんじゃい氏はこの隠し要素に関する動画もYouTubeに投稿しており、今回発見された隠し要素の拡散に一役買ったと言えるだろう。

 なお青れんじゃい氏はこの隠し要素を生放送中にリスナーから教えてもらったということで、その放送を確認してみると、正確な放送開始時刻は不明だが、午後、昼ごろあたり。放送がはじまって1時間59分あたりで、リスナーがこの情報を教えていることが確認できる。
 放送開始が正午と過程してみても、14時あたりとなり、5ちゃんねるの書き込みとはわずかに僅差。書き込みを見た人か、同一人物か、あるいはまったく偶然にも同じタイミングで発見したのかもしれない。

 また他にもTwitterではあるユーザーが早期に発見しており、松川氏が反応。「さっそく隠してた1個」とあるように、まだまだ隠し要素があるようだ。

 とにかく、配信開始から相当な速度で情報が拡散し、ついにはTwitterのトレンド上位に入り、開発者の目にすることころになった。『ニーア リィンカーネーション』の人気もさることながら、インターネットの情報伝達の早さを象徴する出来事といえそうだ。

NieR Re[in]carnation | SQUARE ENIXはこちら

#発見 #5ちゃんねる #YouTuber #スマートフォン #ゲーム


『ニーア リィンカーネーション』でママを100回タップすると、3000ジェムが取得できる隠し要素が発見。5ちゃんねるやYouTuberから配信開始よりわずか1日で発見される