Epic GamesがAppleに対する独占禁止法違反の申し立てを欧州委員会へ提出。欧州でもiOS版『フォートナイト』の削除に関する係争を展開する構え

 バトルロイヤルゲーム『フォートナイト』を開発・運営するEpic Gamesは米国時間2月17日、欧州連合(以下、EU)でAppleに対する独占禁止法違反を申し立てたことを発表した。

(画像は『フォートナイト』公式サイトより)

 本件はEUの政策執行機関である欧州委員会(EC)の競争総局へ提出されたもので、Epic Gamesは「Appleは計画的な反競争的行為を通じてアプリの流通や決済プロセスにおける競争を害しただけでなく、競合他社を完全に排除した」と主張している。

 Epic GamesとAppleの係争は、アプリ内に独自の決済システム「EPIC ディレクトペイメント」を追加したアップデートに対して、Appleが同社のアプリ配信プラットフォーム「App Store」から削除対応を実施した2020年8月の事件に端を発する。

 同様の訴訟は米国とオーストラリアですでに進行しており、EpicGamesの創設者兼最高経営責任者のティム・スウィーニー氏は「モバイルプラットフォームの未来そのものが危機に瀕している」と発言した。

 また、Appleの反競争的行為については「消費者は自分が選んだソースからアプリをインストールする権利を持ち、開発者は公正な市場で競争する権利を持っている」との考えを示したうえで「Appleがプラットフォームの優位性を利用して、公平なデジタルゲームの場をコントロールすることを黙って見ているつもりはない」と述べている。

(画像はEpic Games files EU antitrust complaint against Apple – Unreal Engineより)

 Epic Gamesの発表によれば、欧州委員会はほかのアプリ開発者からの苦情を受け、すでにAppleの反競争的行為を調査しているという。

ライター/ヨシムネ

EUでの独占禁止法違反の申し立てに関するEpic Gamesの発表(英文)はこちら

#欧州 #Apple #フォートナイト #独占禁止法 #欧州委員会


Epic GamesがAppleに対する独占禁止法違反の申し立てを欧州委員会へ提出。欧州でもiOS版『フォートナイト』の削除に関する係争を展開する構え