『ゾンビランドサガ』マンホール、佐賀県6市に設置 全14種類のイラスト公開

 テレビアニメ『ゾンビランドサガ』の第2期『ゾンビランドサガ リベンジ』が、4月から放送されることを記念して、物語の舞台である佐賀県の6市に「ゾンビランドサガマンホール」が設置されることが決定した。あわせて、全14種類のマンホールの描き下ろしイラストが公開となった。

 設置されるのは佐賀市、唐津市、鳥栖市、伊万里市、鹿島市、嬉野市の6市で、マンホールのイラストも公開。それぞれフランシュシュ1名と各市の名産品や名所、作品の舞台となった施設が描かれた、佐賀県愛と作品愛にあふれた内容となっている。4月22日より佐賀市から順次設置される予定で、詳細は後日、各市及び、公式ツイッターで発表される。

 同作は、ゾンビとなった伝説の少女たちが、アイドルとなり佐賀県を救う新感覚ゾンビアイドル系アニメ。2018年10月〜12月に放送されると、アニメ総選挙2018年間大賞やアニメアワード作品賞(テレビアニメ部門)など数々の賞を受賞し話題となり、メインキャストが演じる本作に登場するアイドルグループ「フランシュシュ」は、佐賀県PR大使に委嘱されるなど県民から愛される作品となっている。

#マンホール #イラスト #佐賀県 #テレビ #アニメ


『ゾンビランドサガ』マンホール、佐賀県6市に設置 全14種類のイラスト公開