アニメジャパン『鬼滅』『呪術』『進撃の巨人』らのイベント開催で新情報発表

 3月27日〜30日にオンライン開催される世界最大級のアニメイベント『AnimeJapan 2021(アニメジャパン)』のプレゼンテーションが18日、都内で開催された。今年は新型コロナウイルスの影響もあり、リアル開催をやめ「オンラインのみの開催」となるが、一般公開日2日間(27日・28日)で、全33プログラムのイベントステージ配信を実施することを発表した。

 『AnimeJapan 2019』から約2年ぶりの開催となる今回は、新型コロナウイルス感染症予防対策を最大限に講じた上で、アニメ業界の継続的発展のため、待ち望んでいるアニメファンのための「第一歩」を踏み出し開催することに。8回目の開催となる今回のテーマは「繋ぐ=∞」で、8回目の開催と“これまで”と“これからの”を繋ぐ思いを込めた。

 オンライン初開催となるが、チケット購入者は、AJステージ(ステージイベント)全ての観覧が可能で、オンライン参加でしか見れないチャンネルを用意。アニプレックス、ネットフリックス、東映アニメーション、ワーナー、サンライズなど、多くの企業が出展し、各ブースでの配信や新作アニメ作品の紹介、グッズ販売される。

 具体的なステージイベントを実施するタイトルは27日に『ひぐらしのなく頃に 業』、『劇場版ソードアート・オンラインプログレッシブ星なき夜のアリア』、『鬼滅の刃』、28日に『呪術廻戦』、『ダイの大冒険』、『進撃の巨人』などで、人気声優らキャスト陣が出演する。イベント配信時間やほかの作品イベントなどについては、公式サイトまで。

 なお、この日、プレゼンテーションに登壇したアニメ関係者は、見どころとして『呪術廻戦』、『進撃の巨人』の名前をあげ、「注目してほしい」と伝えた。アニメジャパンのチケットは各日3800円、2日通しチケットは7300円で、3月1日午後1時より販売スタート。

#進撃の巨人 #オンライン #世界 #プレゼンテーション #新型コロナウイルス


アニメジャパン『鬼滅』『呪術』『進撃の巨人』らのイベント開催で新情報発表