“沖縄最強のスマブラ集団”を作り上げた人物に訊く、熱く盛り上がるゲームコミュニティの作りかた。「好きなゲームで評価される場所を作りたい」という想いが、ゲームを愛する人たちのサードプレイスを生んだ

 いま、沖縄で『スマブラ』が熱い。

 その熱気の中心となっているのが、常連メンバーは全員が「VIPクラス」レベルの実力をもつという、沖縄最強のスマブラ集団・「美ら組(ちゅらぐみ)」だ。
 那覇のゲーミングバーに毎週のように集まり、対戦会や独自の大会を定期的に企画・開催。格闘ゲームイベント「KVOリゾート」の『スマブラ』部門の取り仕切りや、参加者100人規模の大会の企画運営まで行っている。

(画像は大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)

 どうして都心ではなく日本最南端の沖縄で、これほどに『スマブラ』が盛り上がっているのだろうか? オンライン対戦が当たり前になったいま、どうして熱気にあふれるゲームコミュニティが生まれたのか?
 そうした疑問を尋ねるべく、美ら組の代表であり、『スマブラ』プロプレイヤーでもあるJ-Snake氏にインタビューを行った。

 そこには、「本当に強い人たちが集まる大会」が開かれることのなかった沖縄の地に、「好きなゲームで評価される場所を作りたい」という氏の強い想いがあった。

 美ら組が「心地いい居場所」になっている秘訣とは何なのか。地方でも都心でも、場所の制約にとらわれないコミュニティの条件とは。プロプレイヤーとイベンターという二足の草鞋を履くJ-Snake氏の語るコミュニティ論は、「叩き上げ」の説得力に満ちていた。自分の好きなゲームコミュニティをもっと盛り上げたいと思っている方々にとっても、大きな示唆が得られるはずだ。

※本稿の取材は2020年10月に行われたものです。2021年2月現在、美ら組さん主催のオフラインイベントは新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言のため、休止されています。

取材・文/leo2
写真/新垣拓也
編集/実存


J-Snake氏

自分の好きなものを好きな人たち同士で熱狂して盛り上がる=HYPE(ハイプ)の感覚を重要視

──ひと通り対戦会の様子を拝見しましたが、皆さんとてつもなく上手いですね。

J-Snake:
 ここによく来ている人たちなら、オンライン対戦のVIPクラスぐらいの実力があると思いますよ。対戦会は毎週、大会もほぼ毎月という頻度でやっていますから、みんなめきめきと腕を上げてきていますね。

──オンラインでほとんど勝てた試しがない私からしたら、だれもが雲の上の存在です(笑)。美ら組はいつごろからこのような活動を始めたんでしょうか?

J-Snake:
 WiiU、3DSで発売された『スマブラfor』のころからなので、6〜7年くらいになりますね。沖縄の『スマブラ』勢が集まる、知り合える場所を作ろうと思って立ち上げたんです。『スマブラ』好きな人たち同士で集まったり、沖縄の『スマブラ』コミュニティを盛り上げるためにイベントを開催したりするための交流のツールとしてですね。

──美ら組さんは那覇市内の『Good Game』というゲームバーを中心に活動されてますよね。都心ではミカドのような「格ゲーのメッカ」と呼ばれる場所もありますが、それを意識したりとかは?

J-Snake:
 いえ、ひとつの場所にこだわるつもりはないです。アーケードと違って、『スマブラ』って持ち込めばどこでもできるじゃないですか。だから、人さえ集まれば場所は問わないので。むしろ、場所にとらわれず活動できるのが美ら組のいいところだと思っています。残念ながらコロナの影響で中止になってしまったんですけど、今年は書店や大学での大会も企画していたくらいですから。

(画像は大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)

──たしかに、今やNintendo Switchがあればどこでも対戦できますからね。ただ、『スマブラ』も含め現代のゲームはオンライン対戦が主流になったと思います。そんな中、オフラインでの集まりに力を入れているのはなぜなんでしょうか?

J-Snake:
 たしかに、『スマブラ』ってゲーセンと違って毎回100円を払わなくてもいいし、会場に行って利用料を払わなくてもいいんです。じゃあなんでわざわざオフラインでやるのかといったら、やっぱり“熱狂する体験”をしたいんですよ。みんなが何にお金を払っているかといったら、そこだと思うんです。
 音楽でも、自分の好きなアーティストの音楽をCDやライブDVDを聞いたり見たりすれば済むのに、ライブに行くじゃないですか。それはたぶん、「自分の好きなものを好きな人たち同士で熱狂して盛り上がる」体験をしたいから行くんですよね。オフラインの魅力というのは、そこにあると思っています。

 私はその感覚をよく「HYPE(ハイプ)」って呼んでいるんですよ。これは直訳すると「誇大広告」って意味なんですけど、スラングで「熱狂する」という意味もあるんです。そういう意味で、美ら組では「HYPEする」ようなシーンを重要視しています。

──ゲームの対戦を見て思わず熱くなったり、声を出してしまったりっていうような感覚でしょうか。たしかに、オンラインでは共有しきれない部分がある感じがします。

J-Snake:
 はい。そういう熱狂を感じられるようになるというのがいちばんの理由だと思います。

「ゲームで勝ったこと」がちゃんと評価される場所を作る

──美ら組には、年齢や実力やゲーム歴に関係なく、幅広い層の方々が参加しているなという印象がありました。対戦ゲームをする集まりなので、もっとストイックな方ばかりが集まっているのかと思いきや、全然そんなことないですよね。

J-Snake:
 そうですね。実力最上位のストイックな選手はもちろん、来た人皆が楽しんでもらえるような場や仕組みを作っていった結果、自然と幅広い層が参加するコミュニティとなりました。
 「段位戦」【※】システムもそのひとつです。「大会」だと優勝争いに食い込める選手はほんの僅かですが、それ以外の選手にもスポットライトを当てつつ「自分たちが沖縄スマブラ界全体の中で、どのくらいの立ち位置なのか」を測れる場があればいいなと思って取り入れました。

 段位があると、単純に自分の強さの指標を確認できますし、普段から「負けたら失う物がある」ような、緊張感のある戦いに慣れられる。だから実際の本番の戦いで緊張せずに挑めるといいますか、参加者のモチベーションにつながるのかな、というのが始めた理由ですね。

※段位戦
勝つとプラス1点、負けるとマイナス1点を加算。勝負を重ね、プラス3点に達したときに昇段する。『ストリートファイターⅢ 3rd STRIKE』のころに現れたシステムで、初代『スマブラ』のオンライン対戦(ネトスマ)にも取り入れられた。

──なるほど。段位戦もそうですし、美ら組ではアマチュア杯や講習会など、いろいろな人が楽しめるような取り組みをされていて、同じゲームでも間口がより広くなっている気がしますね。トーナメント式の大会で、思う存分腕試しが出来る機会もしっかり保証されていますし。
 J-Snakeさん自身、これまでさまざまな競技ゲームの企画やイベンターをやってきた経歴がありますが、このような施策はその経験に基づいているのでしょうか?

J-Snake:
 それもあるのですが、私の原体験によるものも大きいと思います。
 これまでに『スマブラ』だけでなくカードゲームやミニ四駆など、私も子どものころに流行ったものはなんでも触ってきていました。でも結局、全国大会のように「本当に強い人たちが集まる大会」が沖縄で開かれることは基本的になかったんです。
 地元の玩具屋さんとかでやるような小さな大会はありますけども、それで勝ったからといって全国大会へ切符が手に入るわけでもないといいますか。

──特に沖縄は他県と地続きでないぶん、そこだけで完結してしまいがちですよね。今みたいにネットも普及していなかった時代でしたし。

J-Snake:
 なので、どんなにいいセンスや実力を持っている人でも、それを伸ばせる場所もなければ、結果を出せる場所もなかった。仮に結果を出したとしても、認められる場所がなかったんですよね。
 だから、いま自分がやっているのは「自分が子供のころにあってほしかった」場を作っているということなんです。真剣勝負の場だとか、勝った人がちゃんと評価される場だとか、そういう場が普通にある世の中になってほしいなと思っていたので。

 考えてみるとおかしな話ですよね。野球部が甲子園に出場するとなれば学校の先生を含め大勢から褒められるのに、「ゲームで沖縄県の大会で勝ちました」といっても誰も褒めることはありません。他のスポーツであれば何時間練習したとしても何も言われませんけど、ゲームだと怒られたりする世の中ですから。

(画像は大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)より)

──すごさが伝わりづらいといいますか、ゲームのことがわからない人からすると「それは果たしてどのくらいの快挙なのか?」と想像しづらい部分もありますからね。

J-Snake:
 そういうので自分はけっこう嫌な思いをしていたので。だからこそ、ゲームに真剣勝負でのめり込んでる子たちが、ちゃんと評価される場所を作ってあげて、競って高めあえる環境を用意できたらと。

 あと、もうひとつ大きな理由があるんです。
 私が初代『スマブラ』をやっていたとき、すごく仲の良かった友人がいました。彼は、初代『スマブラ』のネット段位戦で常に上位いた私でも負けるくらい、非常にレベルの高い優秀なプレイヤーだったんです。
 ただ、どんなに強くてもたかがいちゲーム。しかも、発売からだいぶ経ってプレイヤー人口が少なくなったゲームコミュニティの中で強かったところで、一般社会では評価されないじゃないですか。

──今でこそeスポーツなどでスポットが当たりはじめましたけど、当時は「ゲームが上手くて一目置かれる」というのは難しかったですよね。認められるとしても、子ども同士の小さい関係性の中だけになってしまいがちでした。

J-Snake:
 そんな彼がいろいろあって、社会に溶け込めず引きこもりになってしまい、最後には自殺で亡くなってしまったんですよ。
 本当にショックだったんですが、ふと冷静に考えたら「一歩間違ったら自分もそうなっていただろうな」って思ったんです。

 私自身も学生時代に引きこもっていたころがあったのですが、たまたまゲームのおかげで社会に出ることができて。「自分たちの遊び場を広げるための活動をする」という気力があったから、周りとのつながりができたんです。
 ただ、彼の場合は私と違ってたまたまチャンスがなくて、たまたま色んな人と知り合えるきっかけがなくて、たまたま自分の世界に引きこもっちゃって、たまたま評価されないことが趣味だったから、この世界にあんまり興味がなくなっちゃったんだと思うんですよ。そういう人って、今までにもたくさんいたと思うんです。だからせめて、自分のまわりにいる子だけでも、ちゃんと自分の好きなことが評価される世界にいてほしいと思ったんです。

──心から大好きで、のめり込めるものがたとえゲームだとしても、そこから社会につながれるようになってほしいと。

J-Snake:
 そうですね。その一環で、引きこもりの子や生活に苦しんでいる子どもたちのいる施設でゲームを教える活動もしています。そういう子たちにもeスポーツの面白さや奥深さを知ってほしいですし、なによりも「君が好きなものがちゃんと評価される世界があるんだよ」と思ってほしいので。
 その子たちの親世代にもゲームに理解のある人はあまり多くはないので、「これは健全なことなんですよ」とアピールするための活動でもあります。


選手と運営の二足のわらじ。だからこそ、説得力が違う

──J-Snakeさんはコミュニティやイベントの企画や運営を手がける傍ら、eスポーツ選手としても活躍していますよね。コミュニティ運営と競技プレイヤーを同時にやる人って、あまり見かけない気がします。

J-Snake:
 そう言われてみると、たしかに特殊かもしれないです。私自身、100人規模の大会を自分で開いて自分で優勝したことがあるんですけど、『スマブラ』界隈全体でもあまりいないタイプだと思います。競技者としてコミットしようと思ったら、イベントや企画の準備をやる暇はないですよね(笑)。

──自分のために練習したりする時間は減っちゃいますよね。

J-Snake:
 でも単純に、私自身は世界レベルになりたいかといえば、そうではないという部分があります。たとえば東京住まいで世界ランキングを本気で狙っているのであればそんなことはしないと思いますけど、私はある程度自分の中で納得できれば、選手としての活動は満足できるので。

 ただ、最近はeスポーツやゲームのことは全然知らないんだけど、「とりあえず流行ってるから応援したい」みたいな人たちがたくさん出てきていまして。もちろん、裾野が広がるという意味ではありがたいことなんですけど……本当にコアなゲーマーたちにとっては「誰が言うか」がすごく大事と言いますか。ゲームのことをよく知らない人たちに何か言われても、心が響かないんですよ。

──自分たちのことを本当に理解しているかどうかって、見ていれば自然と伝わりますからね。

J-Snake:
 たとえば、大会が始まるときに「今日は盛り上がっていこうぜ!」「決勝戦、みんなで応援していこうぜ!」って言うとするじゃないですか。同じ言葉でも、今まで大会で結果出してきた人が先頭に立って言うのと、ぽっと出の誰かもわからない偉そうな人間が急にマイクを持って言うのでは、やっぱり響き方が違うんですよ。
 そういう意味では、ある程度自分の言葉がみんなに届くようにするためにも、完全に競技者を引退することはできないですね。ある程度は示しを付けないといけないというか、発言に説得力を持たせないといけないので。

──J-Snakeさんのような叩き上げの方が音頭を取っているからこそ、というのは大きそうですね。

J-Snake:
 私は「Ryukyu Gaming」というプロチームに所属しているんですが、メンバーにすごく上手い中学生の子がいるんです。もし、私が今も『スマブラ』をやってなかったとしたら、その子も耳を傾けづらいと思うんですよね。
 たとえば「自分は、ちょっと考えることが苦手な感覚派なんで」と言われたことがあるんですが、「いやいや、もっと考えて動いてごらんよ。自分の天井を決めるのは自分で、それはただの言い訳だよ」と反論して、聞き入れてもらったこともあります。それってやっぱり「論より証拠」で私が結果を出しているからなんですよ。「君より2倍生きてるおじさんができてるんだから、君もできるよ」って。(笑)

──なるほど。そういうふうに言われると、たしかに説得力がありますね(笑)。

J-Snake:
 でも実際、そういう人がいないと選手が育たないんですよ。やっぱりいい選手に育ってほしいから、自分はまだまだ引退できないなと。会場に来たら誰よりも先に設営しますし、撤収作業も自分が率先して動くことで、みんなに対して積極的な姿勢は常に見せていくようにはしています。

「沖縄勢は仲が良い」と羨ましがられる

──J-Snakeさんが美ら組というコミュニティを運営していくなかで、意識していることは何でしょうか。

J-Snake:
 色々ありますが、まずは「プレイヤーファースト」ですね。普段の対戦会でも大会でも、全ては選手のための場なので、選手目線で運営することを大切にしています。

 たとえば、シードって基本的には「一回戦から強い人同士が当たらないようにする」システムなんですけど、シードの基準や決め方などを公にしないことが多いんです。でも、それって選手にとっては不信感しかないんですよ。たとえば私と仲の良い選手がシードになったとき、本当に実力があるからシードになったのか、運営である私とのコネでシードになってるのか、外からはわからないじゃないですか。そういうのって、一回でも不信感が生まれたらずっとそのイメージがつきまとうので、できるだけ公開情報にしています。

──それは選手だけでなく、見る側にとっても安心できますね。

J-Snake:
 シードの決め方も、自分の主観に基づいてはやりません。客観的に誰が見ても納得するように、計算式を組んでシステム化したランキングを基準にするようにしてます。

 あと意識しているところで言えば、大会ではきちんと休憩時間を作ってあげるようにしたり。細かいですが、「自分が選手だったらやってほしいな」と思いついたことは全部やるようにしていますね。

大会を取り仕切るJ-Snake氏

──美ら組には都心とは違う、沖縄ならではの特色みたいなものはあるのでしょうか?

J-Snake:
  「沖縄ならでは」かどうかはわからないですけど、みんなすごく仲が良いんですよ。今まで、いろんな場所で大会でいろんな『スマブラプレイヤー』を見てきましたが、たしかに沖縄勢はほかと比べてもかなり仲が良いほうなのかなと。実際、他県の『スマブラ』プレイヤーから羨ましがられたりすることもありますし。

 あと、美ら組は「みんなで運営していこう」という姿勢が強くて、あんまりお客さま気分の人はいないんですよ。コミュニティって、人が多くなってくるとどうしても「運営にクレームを入れて、自分たちでは何もしない」みたいな、お客さま気分の方が増えてきちゃうと思うんです。

──積極的に運営などにも関わる人と、受動的に享受する人の間で温度差が生じたりしていきますよね。

J-Snake:
 その点でいうと、美ら組は基本的にはDIY精神が基盤になっていますね。活動に必要な機材も基本的に持ち寄りだし、イベントの設営も手分けして行います。大会のときは、メンバーのみんなが代わる代わる実況してくれたり、選手も進行役になって予選をまわしてくれたりしています。

──他のメンバーの方ともお話しさせていただきましたが、どなたも「ここは新規の方にも優しくて参加しやすくて、居心地がいい」とおっしゃっていました。しかも、顔を出したら一度きりだけじゃなく、常連になりやすいとも。その理由はどこにあると思いますか?

J-Snake:
 もともと沖縄の人って文化的になんでもウェルカムな地域性と言いますか、人も物もなんでも受け入れようとする気質の人が多いんです。ウチでは、下は中学3年生から、上は30代まで。性別や国籍も関係なく、みんなで楽しめる場になっているんじゃないかなと思います。

──いわゆる「チャンプルー」的な精神が自然と人の輪を作っているのかもしれませんね。

「想いは直接言わないと伝わらない」

──自分の好きなゲームのコミュニティをもっと盛り上げたい、活性化させたいという思いを持つ方々も多いと思います。J-Snakeさんのようにコミュニティを運営したり盛り上げようとしたとき、どういったことが重要になるのでしょうか。

J-Snake:
 たくさん失敗もしているのであまり偉そうなことは言えないんですが、「想いは直接言わないと伝わらない」というのは、ひとつ言えることかなと思います。

 黙々と自分の責任を果たすことで、「口では無く背中で語る」ことを美徳とする感覚ってあると思うんですけど、やっぱり直接言わないと意味がないんですよ。コミュニティの人たちの信頼を得たり、逆に彼らを信用するためにも、いろんな人に自分の想いは伝えていきながらやっていかないと、どこかで思わぬ失敗をすると思っていて。
 良かれと思ってやっていることでも、それを言わなかったら変に思われたり、誤解が生まれたりするんですよね。「本当はみんなのためにやっているのに、なんでわかってくれないのか」と思うこともありましたけど、実際には単純に伝わってなかっただけというのはよくありました。

──メンバーそれぞれの立場や価値観が違うからこそ、共通認識はしっかり確立しておかなければならないと。

J-Snake:
 本当にその通りです。たとえば「大会の決勝戦を、みんなにも応援してほしい」と思ったら、ただみんなに「モニターの前へ集まってください」と言うだけじゃダメなんです。
 「みんなに想像してほしい。自分が決勝戦の舞台に立った時、誰も応援してくれなかったら寂しいでしょう?だから、今日という日をここまで勝ち上がってきた彼らを、みんなで応援しよう!」と言ったら、ちゃんと伝わるんですよ。

 そうやって、自分の気持ちには必ず理由を添えて伝えるようにしています。同じゲームが好きだからこそ、「言わなくてもわかるよね?」という思い込みはせず、はっきりと言葉にして伝える。そのことは大事なんじゃないかと思います。

──これからの美ら組を、どのように発展させていくつもりなのでしょうか。

J-Snake:
 おかげさまで新規の方も人数も増えてきて、美ら組はどんどん盛り上がりをみせています。とはいっても、これまでもこれからもやることは変わらないです。

 私が最初期から掲げている美ら組の目標として、「県内外への認知度、知名度の向上」「全体のレベルの底上げ」「プレイヤー人口の増加」の3つがあります。個人だとどうしても限界があるので、活動を広げていくためにはいろいろな方の力をお借りしなければなりません。
 プロゲーミングチームを立ち上げてスポンサーを募ったり、企業さんとコラボしたり、教育の現場に入ったりなど、この3つの目標に関することならばなんでもやってみて、これからの美ら組の発展につなげていければと思っています。(了)


 地方という立地上の不利を言い訳にせず、熱気あふれる南国の島でゲームにとことん「HYPE」しつづける「美ら組」という存在。
 J-Snake氏の幼き日の自分と、亡き友人への想いにより走り始めたコミュニティは、いつしか一人ひとりが「自分たちの場所を自分たちで作っていく」という主体的な姿勢に満ちあふれた場所になっていた。

 だからこそ人が絶えず、実力や年齢などのカテゴリーに縛られない能動的で魅力的なコミュニティになっているのだと、実際に接してみてひしひしと感じた。J-Snake氏の語ったコミュニティに関する考えには、沖縄や『スマブラ』に限らず、他の都市や異なるゲームにも応用できる普遍性がある。自分の好きなゲームにコミュニティをもっと盛り上げたいと思う方々にとっても、きっと良い参考事例になることだろう。

 いちゲームファンとして、そんなワクワクすることが起きてくれることを期待せずにはいられない。琉球、アメリカ、日本とさまざまな文化を融合して唯一無二のカルチャーを生み出してきた沖縄が、きっとゲームの世界でも新しい軸を生み出してくれると信じて。

美ら組公式Twitterアカウントはこちら

【この記事を面白い!と思った方へ】

 電ファミニコゲーマーでは独立に伴い、読者様からのご支援を募集しております。もしこの記事を気に入っていただき、「お金を払ってもいい」と思われましたら、ご支援いただけますと幸いです。ファンクラブ(世界征服大作戦)には興味がないけど、電ファミを応援したい(記事をもっと作ってほしい)と思っている方もぜひ。
 頂いた支援金は電ファミの運営のために使用させていただきます。

支援金を送る(PayPal.Me)

※クレジットカード / 銀行口座に対応

メッセージと支援金を送る(Ofuse)

※クレジットカードにのみ対応

#ゲーム #メンバー #VIP #格闘ゲーム #リゾート


“沖縄最強のスマブラ集団”を作り上げた人物に訊く、熱く盛り上がるゲームコミュニティの作りかた。「好きなゲームで評価される場所を作りたい」という想いが、ゲームを愛する人たちのサードプレイスを生んだ