「鬼滅の刃」テレビアニメで続編決定!「遊郭編」2021年に放送 ティザービジュアルも公開に

 原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス刊)、アニメーション制作:ufotableによるアニメ『鬼滅の刃』が、テレビアニメの『竈門炭治郎 立志編』、さらに『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に続く物語、『遊郭編』をテレビアニメとして放送することが決定、2月14日にティザービジュアル&第1弾PVも解禁となった。


 アニメ『鬼滅の刃』は、累計発行部数が1億3000万部を突破した集英社ジャンプ コミックスより刊行中の吾峠呼世晴による漫画作品を原作としたアニメシリーズ。2019年4月より放送を開始し、家族を鬼に殺された少年・竈門炭治郎が、鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すため、《鬼殺隊》へ入隊することから始まる本作は、人と鬼の切ない物語、鬼気迫る剣戟、そして時折描かれるコミカルなシーンも人気を博し、国内のみならず、全世界で大きな話題となった。

 2020年10月16日より、テレビアニメ『竈門炭治郎 立志編』に続く物語『無限列車』が、劇場版として公開。『無限列車編』のその後の物語について注目が集まる中、14日に配信された『鬼滅祭オンライン -アニメ弐周年記念祭-』内にて、『遊郭編』の2021年テレビアニメ化決定を発表。同時に、ティザービジュアル&第1弾PVを解禁となった。

 無限列車での任務を追えた炭治郎たちの次なる任務を描く『遊郭編』。鬼殺隊最高位の剣士《柱》の一人、音柱の宇髄天元とともに炭治郎たちが向かうのは、鬼の棲む遊郭だ。ティザービジュアルは『遊郭編』で炭治郎たちとともに任務に挑む宇髄天元が描かれた、鮮やかな極彩色のビジュアル。また、第1弾PVでは、遊郭の街並み、そしてそれを屋根から見下ろす宇髄天元の姿も描かれている。

 『鬼滅の刃』は。テレビアニメ化をきっかけに日本中を巻き込む一大ブームとなり、各種コラボも多数展開。2019年、2020年の話題として各賞を受賞すると、 #LiSA が歌う主題歌「紅蓮華」「炎」といった楽曲も、各種チャートでの1位を独占した。また著名人のファンも多く、各キャラクターのコスプレをSNSで披露するケースも多い。大ヒット公開中の映画は、国内だけでなく海外でもヒット。国内興行収入は、歴代1位の記録を更新し続けている。

【スタッフ】

原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン:松島晃
アニメーション制作:ufotable

【キャスト】

竈門炭治郎(かまど・たん #じろう ): #花江夏樹
竈門禰豆子(かまど・ねずこ)※:鬼頭明里
我妻善逸(あがつま・ぜんいつ):下野紘
嘴平伊之助(はしびら・いのすけ):松岡禎丞
宇髄天元(うずい・てんげん):小西克幸
※禰豆子「禰」は「ネ+爾」が正しい表記。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

公式サイト:https://kimetsu.com/anime/yukakuhen/
公式ツイッター:@kimetsu_off https://twitter.com/kimetsu_off

#アニメ #鬼滅の刃 #テレビ #吾峠呼世晴 #集英社


「鬼滅の刃」テレビアニメで続編決定!「遊郭編」2021年に放送 ティザービジュアルも公開に