杉田智和、映画『銀魂』ヒットも疑問 『鬼滅の刃』と比較に苦笑いも観客に感謝

 声優の杉田智和、阪口大助、 #釘宮理恵 、千葉進歩、中井和哉、 #鈴村健一 、太田哲治が13日、都内で行われたアニメ映画『銀魂 THE FINAL』最後の舞台あいさつに登場した。

 1月8日に公開された同映画は、公開1週目(4日間)の週末動員ランキングにて、12週連続1位だったアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(昨年10月16日公開)の動員&興収を抑えて1位となった作品。『銀魂』シリーズ最大のヒットとなっており、史上最速の公開16日で興行収入10億円を突破した。

 現在は観客動員数107万人、興収14.9億円を突破したことが発表されると、杉田は「15億円ってすごいんですかね?」と疑問。公開1週目に映画『鬼滅の刃』を抑えて週末興収1位を記録したこともあって、「あの〜、比較対象になっている作品が…」と、『鬼滅の刃』に触れそうになると、すかさず阪口が「やめろ、やめろ!」とツッコミを入れて笑いを誘った。

 続けて杉田は「数字を多く言われると、嫌でも思い出してしまうので…」と苦笑いしつつ、「人がこれだけ『銀魂 THE FINAL』を観ていただけているということで、感謝しています」「本当だったらスタッフ全員で頭を下げたいという気持ちがあります。ヒット御礼の舞台あいさつということで、昔だったら『なんで、これやるのかな?』と理解できなかったのですが、なんかわかったような気がします」と思いを伝えた。

 『銀魂』は、2003年12月から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載がスタートした同名漫画が原作。架空の江戸を舞台に「天人」と呼ばれる異星人らによって支配された世界で、何でも屋の坂田銀時とそれを取り巻く人々が織りなすSF時代劇コメディー。19年6月に完結し、コミックスは累計5500万部を突破する人気作品で、06年4月にテレビ東京系でアニメの放送がスタートし、これまでに第4期まで放送している。

 『銀魂 THE FINAL』では、地球滅亡のカウントダウンが迫る中、銀時、高杉、桂が、虚の野望を阻止するために奮闘。そして、師匠・松陽の悲願を胸に戦い続ける銀時たちを援護するため、新八、神楽、真選組たちまでもが参戦し、彼らの“最後”のバカ騒ぎが描かれる。

#銀魂 #鬼滅の刃 #疑問 #アニメ映画 #声優


杉田智和、映画『銀魂』ヒットも疑問 『鬼滅の刃』と比較に苦笑いも観客に感謝