『マインクラフト』で制作したサイバーパンクをテーマにした街が公開。ネオン、ホログラム映像、過密で巨大な建造物で構成されるロマンあふれるワールド

 さまざまな建築物から街に至るまでが多く制作されている『マインクラフト』で、インドネシアのAutomailEDチームが12月30日(水)、サイバーパンクをテーマにした「サイバーシティ」を制作、公開した。さらに2月3日(水)、『マインクラフト』公式サイト内で製作者がインタビューに応えた

画像はPlanet Minecraft内「Cyber City Minecraft Map」ページより
画像はPlanet Minecraft内「Cyber City Minecraft Map」ページより

 本ワールドは約4ヶ月かけて、プロの『マインクラフト』ビルダーであるAutomailEDチームことMaggie Go氏(別名:AutomailED氏)とArchanee氏(別名:BlackWooz氏)のたったふたりで制作された。Maggie Go氏は建築学部の4年生とのことで、ロマンだけではない裏打ちされた建築にも頷ける。同チームは過去にも赤ずきんの物語をイメージした森や、映画『インターステラー』にインスパイアされた宇宙船や宇宙飛行士などを制作している。

 「サイバーパンク」の象徴とも言えるネオンホログラム映像といった細かいディティールだけではなく、インスピレーション元の「サイバーパンク2077」を思わせるような巨大で過密な建築によって見事に「サイバーパンク」を表現した圧巻のワールドになっている。

 また、特定の色で「サイバーシティ」を表現するのではなく、なるべく多くのブロックを使用することで都市の複雑さを再現。その中でももっとも「サイバーシティ」らしさに貢献しているのは光源で、AutomailED氏は「私たちはさまざまな種類のガラスを使用して、街を生き生きとカラフルに見せています」と語っている。

 今回のワールド作成は依頼を受けて制作するものではなく、特に急ぐ必要はなかったからこそ、自分たちの作品がほかの人々にインスピレーションを与え続けられるものにしたいとAutomailED氏は考えているそうだ。

 ワールド配布は行っていないが、AutomailEDチームのPlanet Minecraftページからは「サイバーシティ」のより詳しい写真が見られるほか、同チームの過去の作品も閲覧できる。

AutomailEDチームが取材を受けているマインクラフト公式サイト内「Creeperpunk」はこちらAutomailEDチームのPlanet MinecraftページはこちらAutomailEDチームの公式Twitterはこちら

#パンク #ホログラム


『マインクラフト』で制作したサイバーパンクをテーマにした街が公開。ネオン、ホログラム映像、過密で巨大な建造物で構成されるロマンあふれるワールド