『コナン』1000話記念で伝説の神回、3月に放送へ 「ピアノソナタ 『月光』殺人事件」がリブート

 読売テレビ・日本テレビ系にて放送中の人気アニメ『名探偵コナン』(毎週土曜 後6:00)が、3月6日で放送1000回を迎える。その記念プロジェクト『再起動(リブート)される神回を当てろ!』において、1996年4月8日に放送された伝説の神回「ピアノソナタ 『月光』殺人事件」が、3月6日(前編)・13日(後編)に放送されることが決定した。

 『再起動(リブート)される神回を当てろ!』は、『名探偵コナン』の中で“伝説の神回”と言われる作品を最新のスタッフ&制作陣・技術にて、新しく作り直す、再起動をかけて新たな伝説を生み出すというもの。

 新たに作り直される「ピアノソナタ 『月光』殺人事件」は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲「月光ソナタ」が悲しい旋律となり紡ぎだすストーリーで、ファンの間では涙なしでは語れないエピソード。コナンが最初で最後、犯人を推理で追い詰め、死なせてしまったと自責の傷として残る悲しい回でもあり、これ以降、コナンはたとえ犯人であっても、死なせてはいけないと心に決めた重要なエピソードとなっている。

 ファンの中でも語り継がれている伝説の神回が、『名探偵コナン』放送1000回記念として再起動され、解禁となったコラージュビジュアルは、1996年に放送された「ピアノソナタ 『月光』殺人事件」の場面写真が、約1000枚使用されている。

 また、「ピアノソナタ『月光』殺人事件」の象徴とされるピアノソナタ「月光」のピアノの旋律を、14歳でCDデビュー、世界的な賞をいくつも受賞した世界的ピアニスト・小林愛実が奏でることが決定。さらに、前編が放送される6日より、『名探偵コナン』の主題歌を担当し続けてきた #倉木麻衣 が、オープニングを担当することも決定し、曲「ZEROからハジメテ」は1000回放送に合わせて書き下ろした歌詞となっている。

 今回の伝説の神回放送に米倉功人プロデューサーは「『名探偵コナン』に関わるひとりの人間として、伝説の神回の『再起動』に携われた事を幸せに感じます。おそらく関係者全員、声にはしませんがそのように思っています。『名探偵コナン』を応援いただいている全ての方々と共に、新たな神回が生まれる歴史的瞬間をご一緒できればと思います」と呼びかけた。

■「ピアノソナタ 『月光』殺人事件」あらすじ
コナン、蘭、小五郎は、謎の依頼人からの手紙で伊豆の小島・月影島に呼び出される。しかし、依頼人は12年前にピアノソナタ『月光』を弾きながら死亡したはずのピアニストだった。依頼主について調べるため訪れた公民館で営まれていた前村長の三回忌。その最中、『月光』が流れ始め…。

#リブート #伝説 #殺人事件 #名探偵コナン #読売テレビ


『コナン』1000話記念で伝説の神回、3月に放送へ 「ピアノソナタ 『月光』殺人事件」がリブート