今からでも追いつけるSNSミステリー『Project:;COLD』総まとめ!女子高生6人は全員死亡してしまったが、まだ終わりではない

 『Project:;COLD』の盛り上がりがクライマックスだ。

 本作は、TwitterとYouTubeで物語が展開し、ネット上に散りばめられたヒントを元に謎解きや考察を楽しむ“SNSミステリー”である。

 公式サイトに「この物語は、作中の時間と現実世界の時間が完全にリンクしており、全てがリアルタイムに進行します。これは、あなたの人生において、いまこの時しか体験できない一度限りの物語です。」と書かれているように、物語がリアルタイムで進行するのが最大の特徴だ。

 視聴者は現在進行形で起きている事件を目撃し、真相を暴いていくことになる。

左から星野理也、綾城奈々乃、佐久間ヒカリ、青島玲子、森いちご、岩永静

 その事件というのが「血の人形・再来事件」というもので、本作の登場キャラクターである6人の女子高生たちは、この事件に巻き込まれてしまい、次々と謎の死亡を遂げていく。

 そして2021年1月12日に生き残っていたのは、「青島玲子」という少女ひとりのみ。

 そんな彼女も、1月24日20時頃より、YouTubeでライブ配信を行い、配信中に死亡してしまった。

 突如として始まる生配信、放送中に車と接触して死亡する青島玲子、その後30分以上ノイズ交じりの映像のみが流される……そしてその光景を5000人を超える視聴者が見つめる。

 1月22日に配信された生放送では衝撃的な光景が広がっていた。

 これで『Project:;COLD』に登場する女子高生は全員死亡してしまった……のだが、どうやら、物語はまだ終わりではないようだ。

 というのも、暗号で1月24日20時に「みやまんチャンネル」で新たな展開があることを示唆するメッセージが発信されているのだ。

 一見すると謎の文字列だが、ある法則で解読すると「01242000」と「みやまんチャンネル」を指し示すように。

 そして1月23日17時頃、「みやまんチャンネル」にて謎のライブ配信枠が公開された。配信日時は1月24日20時となっている。

 期待と不安の相反する感情が頭いっぱいに広がる。1月24日の配信にはいったいなにが起きるのか? と。

 もう一度言おう。

 『Project:;COLD』の盛り上がりがクライマックスだ。

 これまで『Project:;COLD』を楽しんできた方はもちろん、今初めて同作を知った方、配信を見て興味を持った方でも遅くない。いや、今からでも間に合うからいっしょに楽しもう!

 そんな想いのもと、今回は“今からでも追いつける『Project:;COLD』”と題し、本作の概要やこれまでの展開などをまとめてお届けしていく。

文:竹中プレジデント

『Project:;COLD』の公式サイトはこちら『Project:;COLD』の公式Twitterはこちら


『Project:;COLD』とは

 『Project:;COLD』は、神奈川県平塚市を舞台に、ガールズバンド“都まんじゅう”のメンバーである6人の女子高生たちが、謎の事件に巻き込まれ、つぎつぎと不可解な死を遂げていくミステリー作品である。

 ミステリー作品ながら“SNSでの謎解きの答えを含むネタバレを推奨”されていることも本作の特徴。それが要因か、非常に高い熱量のもと謎解きに挑む参加者(融解班)が多く、考察や交流なども盛んだ。

 Twitterでは、「#みやまん考察」や「#みやまん謎解き」などのハッシュタグが用意され、加えて、非公式ながら考察Discordサーバーも設立され、多くの参加者たちが謎解きに勤しんでいる。

 なお、参加クリエイター・キャストは以下の通りだ。

■クリエイター
・総監督/脚本 :???
・キャラクターデザイン:望月けい
・映像監督:川サキケンジ
・キャスティング/プランニング:AGRS / 杉田智和
・音響監督:菊田浩巳
・体験ギミック:きださおり
・謎解き:眞形隆之
・バックグラウンドデザイン:絵を描くPETER
・ロゴデザイン:内古閑智之

■主題歌
・アーティスト:ずっと真夜中でいいのに。
・楽曲名:勘ぐれい
・MV制作:こむぎこ2000

■キャスト>
・佐久間ヒカリ:天海由梨奈
・岩永静:角倉英里子
・青島玲子:陶山恵実里
・綾城奈々乃:桑原由気
・森いちご:天野心愛
・星野理也:松嶌杏実
・???: #悠木碧

これまでの出来事を振り返る

 これまでの『Project:;COLD』の物語は、「バンド系Vtuber時代」「ヒカリ死亡によるプロジェクト正式発表」「謎解きフェーズ」「全滅エンド」の大きく4つの展開に分かれている。

 なお、彼女たちや公式からVtuberという単語は一度も出ていないが、ここでは便宜上、Vtuberという表現を用いている。

 まず「バンド系Vtuber時代」。このフェーズでは、本作が『Project:;COLD』という“SNSミステリー”とまだ公表れていない。

 佐久間ヒカリをはじめ“都まんじゅう”のメンバーたちは、Twitterアカウントを設立したり、動画をYouTubeに投稿したり、Vtuber的な存在として認識されていた。いわゆる仕込み時期である。

 11月23日の文化祭のライブに向けて、バンド練習に励んだり、メンバー同士で交流を深めたりと、学園生活を楽しむ彼女たちの姿がそこにはあった。

■おもな出来事(11月1日〜23日)
・“都まんじゅう”メンバーがTwitterアカウント設立
・YouTubeにて「みやまんチャンネル」を開始。各メンバーの自己紹介動画が公開
・11月23日:文化祭でファーストライブに挑む

 続いての展開が「ヒカリ死亡によるプロジェクト正式発表」。文化祭終了後、佐久間ヒカリが“血の人形・再来事件”という謎の事件に興味を持ったことをきっかけに“都まんじゅう”のメンバーたちはその事件の調査に乗り出す。

 その結果、11月27日に佐久間ヒカリが死亡。残りのメンバーたちが、YouTubeに「私たちを助けてください」という動画を公開し、謎解きの助けを求める。

 さらに12月1日、『Project:;COLD』公式サイト、公式Twitterなどが公開され、本作が“SNSミステリー作品”であることが明かされた。

■おもな出来事(11月24日〜12月1日)
・11月24日:佐久間ヒカリが“血の人形・再来事件”に興味を持つ
・11月25、26日:“都まんじゅう”のメンバーで事件の調査を行う
・11月27日:佐久間ヒカリが死亡
・11月29日:YouTubeで動画公開。謎解き「金庫を開けるためのメモ」展開
・11月30日:謎解きに成功し、金庫を開けるが、金庫の中から謎のメモが見つかる。謎解き「呪いを解く方法」展開
・12月1日:謎解きに成功し、「平塚八幡宮で絵馬に願掛け」を行う

 本格的にプロジェクトが始動し出した「謎解きフェーズ」では、

①:死亡者が出る。YouTubeで動画が公開。
②:同時に謎解きも展開される。参加者たちが謎解きに挑戦
③:答えにたどり着く
④:それを元に“都まんじゅう”メンバーがアクションを起こす
⑤:しばらく平穏が続き再び①へ

 というサイクルを基本として進行。

 フォローされた人は死んでしまうという「死神のアカウント」の存在や、“血の人形事件”についての情報がまとまっている考察サイト「イマオカ・オカルト倶楽部」など、次々と謎が広がっていく。

 さらには、“都まんじゅう”メンバーたちにTwitterの裏アカウントがあることが発見されたり、動画において「彼女たち自身に何かしらの隠しごと」があることが示唆される描写があったり、日に日に不穏な雰囲気が増す。そのなかで、岩永静、星野理也、森いちご、綾城奈々乃と死亡していった。

■おもな出来事(12月2日〜翌年1月18日)
・12月10日:岩永静が死亡
・12月11日:YouTubeで動画公開。謎解き「メンバーズサロンのパスワード」展開
・12月12日:謎解きに成功
・12月23日:星野理也が死亡
・12月24日:YouTubeで動画公開(謎解きはなし)
・1月5日:森いちごが死亡
・1月6日:YouTubeで動画公開(謎解きはなし)
・1月18日:綾城奈々乃が死亡

 そして、1月22日の配信にて青島玲子が死亡し、「全滅エンド」に至る。

■おもな出来事(1月19日〜1月22日)
・1月18日:青島玲子が死亡

 以上がこれまで展開された『Project:;COLD』の大筋の流れだが、TwitterアカウントやYouTube動画には、モールス信号やQRコードなどで隠された謎が散りばめられている。

 なお、公式サイトではこれまでの謎解きがまとめられているので、そちらもご覧頂きたい。

 このタイミングで『Project:;COLD』に興味を持った方は、以下の流れで情報を追っていくのがおすすめだ。

■とりあえず『Project:;COLD』について知りたい!
・公式サイトの“ストーリー”を最初から読んでいく
https://www.project-cold.net/story/

・みやまんチャンネルの動画をチェック
https://www.youtube.com/channel/UCd1IsUBTAoLxxYjMksV2pXA/videos

■めんどくさがりなのでとにかくサクッと追いつきたい!
・杉田智和さんナレーションによるダイジェスト映像を見る

・Twitterで有志が公開している“時系列まとめ”をチェック

■可能な限り情報を追って自分でも謎解きに参加したい!
・考察Discordサーバーに入る
https://discord.com/invite/VmVzdnP4tM

融解班の熱量がすごい

 「融解班」——『Project:;COLD』において、謎解きや考察に参加する人たちを指す言葉として使われている。

 本作は、ネット上で大規模に展開される“リアル脱出ゲーム”のようなコンテンツであり、リアルタイムで進行する特性上、「人生で一度きりしか体験できない」。

 そのため、まるで初めてプレイするゲームを攻略本なしで進めていくような、原作のないオリジナルアニメを見ていくような、そのような感覚に近い。

 加えて、いつ、どこで、何が起きるかわからず、ときには(というかこれまでのほとんどの展開が)参加者の努力や苦労が報われず、望まぬ展開を目の当たりにしてしまうこともある。

 そんな特異性に惹かれてか、そういう性分の方々に刺さるジャンルだったのか、とにかく融解班の熱量が高い。

■融解班エピソード1「非公式考察Discordの参加者が3500人超え」

 11月24日に作られた有志による非公式Discordサーバー『みやまん』考察discord。12月7日の時点で1400人以上の熱いファンが集っていたが、現在ではなんと3500人を超える規模にまでなっている。

 サーバー内では、いち早く本作の動向がチェックできるように「Twitter監視ch」があったり、謎ごとにチャンネルが作られ、融解班たちが謎解きや考察を楽しんでいる。

■融解班エピソード2「1日の書き込み1万件越えの熱量」

 熱量が高い融解班が集っているため、『みやまん』考察discordでは、書き込まれるコメント数がトンデモナイ量にのぼる。

 たとえば、プロジェクトの本格始動が公表された12月2日は10696件ものコメントが、星野理也が死亡した12月23日前後を見ると、22日10666件、23日16098件、24日10843件と、1日で2ch(5ch)の10スレ以上を更新する勢いでコメントが書き込まれているのだ。

■融解班エピソード3「24時間で解ける想定の謎解きが20分前後で解かれる」

 これまで、「金庫を開けるための暗証番号」や「呪いを解く方法」などの謎が展開されるたびに、融解班はスピーディに正解にたどり着いてきた。

 まさに集合知の力なわけだが、どうやらこの謎を解くスピードは、制作サイドの想定をお大きく超えるものだったようだ。

 と言うのも、本作総監督インタビューにて、「24時間くらい掛かる想定の謎が、ほんの20分ほどで解かれてしまう……。■■■のアカウントに至っては、想定より1週間も早く見つかってしまいました」と、融解班による熱量が想定以上だった旨を明かしている。

 24時間想定が20分……つまり72倍の速さで、誘拐犯は答えにたどり着いているというわけだ。すさまじい熱量と考察量を感じる。

■融解班エピソード4「スパコンを使って解読しようとする」

 それは12月15日、公式Twitterにて大きく広まった。

 どうやら、まだ半分しか出ていないQRコードを解読するためにスーパーコンピューターを用いようとした融解班が現れたと言うのだ。

 これには、公式からも「スーパーコンピューターを用いるのはご遠慮ください……(総監督) 」とコメント。謎を解くためにはえげつない手段さえ手を伸ばす融解班に注目が集まった。

■融解班エピソード5「死神のアカウントと凍結させて殺人を防ごうとする」

 本作には「Reaper」と呼ばれる“フォローされた人は死んでしまう”と噂されている「死神のアカウント」が存在する。

 このアカウントにフォローされると危険だ。どうすれば彼女たちを助けられるのか。そんななか「みんなでreaperのアカウントを凍結させたら救われるのでは?」とまさかのパワープレイ案が示された。

 「Reaper=味方説」があったり、本当に凍結されれば作品展開に支障をきたすという融解班たちの良識が働いたりしたのか、現在、「Reaper」のアカウントは無事だ。


 ……とまあ、このように融解班のやりとりを見ているだけでも非常におもしろいし、実際に考察・雑談に混ざればさらに楽しい。

 「今さら参加しても楽しめないかも……」と思うかもしれないが、じつはまったくそんなことなく、まだまだお祭りに参加するのは遅くない。

 1月24日20時——何が起きるか未知数ではあるが、『Project:;COLD』最大のお祭りとなるのは間違いないだろう。謎解き、考察、交流など全部ひっくるめて楽しみたい。

 そして願わくば、死亡してしまっている彼女たち6人に救いがあらんことを。

 最後になるが、彼女たちのプロフィールや過去や秘密、自己紹介動画などをまとめておくので、悲劇の最後を遂げた“都まんじゅうのメンバーたちがどんな女の子かよく知らない方はチェックしてみてほしい。

「都まんじゅう」のメンバー紹介

■佐久間ヒカリ(CV.天海由梨奈)

 六泉ヶ丘高校の三年生。生徒会長や文化祭の実行委員長を務める才色兼備、文武両道な女の子。明るく元気な性格で趣味は音楽。

 高校最後の文化祭に向けて、文化祭実行委員のメンバー6人とガールズバンド“都まんじゅう”を結成し、ギターを担当する。

 メンバー内最初の死亡者。11月27日、農道の木の下で死亡。「崇拝するシラノの元へ、我が右腕を捧げる」と書かれた紙が発見される。

■岩永静(CV.角倉英里子)

六泉ヶ丘高校の三年生。陸上部出身で、県大会で入賞するほどの高い身体能力を持つ。陸上に関してだけはストイックで、将来の夢はフルマラソンの大会に出ること。

 ノリがよく一見おおざっぱに見えるが、空気を読み取るのがうまい。ガールズバンド“都まんじゅう”ではドラムを担当する。

 メンバー内2人目の死亡者。12月10日、学校の校庭で死亡。「崇拝するシラノの元へ、我が右脚を捧げる」と書かれた紙が発見される。

■星野理也(CV.松嶌杏実)

 六泉ヶ丘高校の三年生。一見クールに見えるがじつはマイペース。やるとなったらトコトンやるタイプで、楽器の演奏、WEB制作、作画、DIY、バイクの改造など趣味は多岐に渡る。

 何をしていてもサマになり、どことなく気品があるため、後輩の女子からは「王子」と呼ばれて慕われている。ガールズバンド“都まんじゅう”ではベースを担当する。

 メンバー内3人目の死亡者。12月23日、線路の近くで死亡。「崇拝するシラノの元へ、我が左脚を捧げる」と書かれた紙が発見される。

■森いちご(CV.天野心愛)

 六泉ヶ丘高校の三年生。いつもビクビク怯えている。臆病で泣き虫。反面、趣味のゲーム中は「よっしゃあああ!」ハイテンションになる。でレトロなアーケードのシューティングやPCのFPSを好む。

 手先が器用で手芸や料理が得意。中学のころはピアノをやっていた。ガールズバンド“都まんじゅう”ではキーボードを担当する。

 メンバー内4人目の死亡者。1月5日、自宅のマンションの真下で死亡。19時15分、大勢の目撃者がいた。現場から紙は発見されていない。

■綾城奈々乃(CV.桑原由気)

 六泉ヶ丘高校の三年生。都会出身で中学2年生のときに引っ越してきた。自己主張が強い性格だが、根は優しく寂しがり屋。

 目立つことが好きなため、劇団に所属して熱心に活動している。ガールズバンド“都まんじゅう”ではギターを担当する。

 メンバー内5人目の死亡者。1月18日、海で浮かんでいるところを発見。死亡が確認された。現場から紙は発見されていない。

■青島玲子(CV.陶山恵実里)

 六泉ヶ丘高校の三年生。真面目で努力家。性先は3年間校内1位で、全極もしでもひと桁台の順位に入るほどの優等生。生徒会では副会長を務める。

 勉強以外に取柄がないことを悩んでいたが、ヒカリからバンドに誘われ、“歌声”という新しい長所を見つける。態度には出さないが、ヒカリのことが大好き。ガールズバンド“都まんじゅう”ではボーカルを担当する。

 メンバー最後の死亡者。1月22日、YouTubeで生配信中、車と接触らしき事故にあい死亡する。

『Project:;COLD』の公式サイトはこちら『Project:;COLD』の公式Twitterはこちら

#ミステリー #女子高生 #死亡 #Twitter


今からでも追いつけるSNSミステリー『Project:;COLD』総まとめ!女子高生6人は全員死亡してしまったが、まだ終わりではない