「呪術廻戦」作者・芥見下々がテレビ初出演 「漫道コバヤシ」前後編で放送

 2020年の漫道コバヤシ漫画大賞のグランプリを、週刊少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」が受賞したことを記念して、「漫道コバヤシ」に作者である芥見下々さんの出演が決定。テレビ初出演となる芥見下々さんの模様は、前後編2回にわたって放送され、前編は1月30日23時から、後編は2月27日23時から初回放送予定です。
 フジテレビONE スポーツ・バラエティで放送中の #ケンドーコバヤシ が大好きな漫画家に会いに行く漫画好きのための漫画専門番組「漫道コバヤシ」。番組では、2013年から毎年「漫道コバヤシ漫画大賞」の名のもとにグランプリと各賞を発表しています。
 2013年には「キングダム」(著・原泰久)、2015年には「僕のヒーローアカデミア」(著・堀越耕平)、2017年には「約束のネバーランド」(作・白井カイウ/画・出水ぽすか)など、数々の人気作品がグランプリを受賞しています。

 8年目を迎えた2020年は、初めて生放送(「漫道コバヤシ The LIVE!」はFODで配信中)で発表し、「呪術廻戦」がグランプリに選ばれました。
 「呪術廻戦」は、ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が呪いを廻る戦いの世界へと足を踏み入れる物語。シリーズ累計発行部数は2000万部を突破しています。
 テレビに出演するのが初めてとなる芥見下々さんの貴重な映像は、「呪術廻戦」ファン必見の120分となるのではないでしょうか。ちなみに芥見下々さんは顔出しNGのため、番組特製メカ丸を通してトークしているとのことです。
(c)フジテレビ
情報提供:株式会社フジテレビジョン
(佐藤圭亮)

#芥見下々 #テレビ #呪術廻戦 #漫画 #大賞


「呪術廻戦」作者・芥見下々がテレビ初出演 「漫道コバヤシ」前後編で放送