特務機関NERV官給品をイメージしたポータブルHDDとSSD発売

 1975年創業のパソコン周辺機器メーカーの株式会社バッファローは、映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開を記念し、特務機関NERV官給品をイメージした記念コラボモデル2商品(HDD・SSD)を数量限定で発売。1月15日から数量限定で予約受付を開始し、3月上旬より販売予定とのことです。
 今回、「エヴァンゲリオン」×「バッファロー」データ補完計画と題して発売されるのは、データ補完計画をコンセプトにした限定デザインのポータブルHDDとポータブルSSD。

 ポータブルHDD(USB 3.2<Gen1>対応 耐衝撃ポータブルHDD 1TBタイプ)は、新劇場版作中のNERV本部施設内通路をイメージカラーに、NERV職員が利用する官給品をイメージしてデザインされています。

 ポータブルSSD(USB 3.2<Gen2>対応 耐衝撃ポータブルSSD 480GBタイプ)は、名刺サイズの小型筐体を活かし、NERV職員のIDカードをベースに、日常的にも使いやすいデザインに落とし込んであります。

 さらに2商品ともパソコン認識時に表示されるドライブアイコンは特別仕様(Windowsのみ対応)で、NERV本部施設内通路やNERV職員のIDカードのアイコンとなっているなど、ファンには嬉しい細かい遊び心がちりばめられています。

情報提供:株式会社バッファロー
(佐藤圭亮)

#発売 #バッファロー #エヴァンゲリオン #パソコン #株式会社


特務機関NERV官給品をイメージしたポータブルHDDとSSD発売