『まどマギ』放送10周年で新企画始動 悠木碧、自身の形成で「欠かせないエネルギー」

 テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』が、2011年1月7日の放送から10周年を迎えた。それを記念して新プロジェクトが7日スタートした。

 記念サイト開設にあわせて、記念ロゴや、キャラクター原案の蒼樹うめ氏による記念イラストを公開。メインスタッフ・キャストからのお祝いコメントも到着している。

 また、サイトでは今後、イラストレーター・漫画家よりいただいたお祝いイラストを順次公開していく予定。

 2011年1月からテレビシリーズとして放送され大きな話題となった同作は、未来都市を舞台に願いを叶えた代償として「魔法少女」となり、人知れず人類の敵と戦うことになる少女たちに降りかかる過酷な運命を、中学生・鹿目まどかを中心に描いたストーリー。

 かわいらしい少女たちの日常、先の読めないスリリングな展開、少女と魔法少女が暮らす世界観、アニメーション制作を手掛けるシャフトの映像表現など、幅広い分野から高い評価を集め話題に。

2013年には完全新作となる「[新編] 叛逆の物語」が公開され、[新編]の興行収入は深夜アニメの劇場版作品として初の20億円の大台突破を記録した。

■スタッフ・キャストからのお祝いコメント
<監督:新房昭之>
2011年にテレビシリーズとして「まどか☆マギカ」がスタートしてから早10年。これまで応援してくださった皆さん、10年間ありがとうございます。そして、これからも変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。10周年でまた色々と動き出すとうれしいですね!

<鹿目まどか役: #悠木碧
10年もの間、「魔法少女まどか☆マギカ」を愛してくださりありがとうございます。10年前、まどかと出会った時に感じたときめきや、演じていた時にもらった様々な心の動きは、今でも私という人間を形成するうえで欠かせないエネルギーです。私もすっかり大人になってしまったので、今観返したら、新しい感想が生まれたりもするかなぁ。なんて、観返したくなりました。あなたの胸の中にも、これからも「魔法少女まどか☆マギカ」があり続けてくれたら、それはとっても嬉しいなって。

#マギ #悠木碧 #エネルギー #イラスト #テレビ


『まどマギ』放送10周年で新企画始動 悠木碧、自身の形成で「欠かせないエネルギー」