『デッド オア アライブ』シリーズの脱衣改変動画を販売した著作権法違反の容疑で神奈川県警が被疑者1名を書類送検。コーエーテクモゲームスは刑事事件とは別に損害賠償を請求する方針

 コーエーテクモゲームスは1月6日(水)、同社が開発および販売を手がける『DEAD OR ALIVE(デッド オア アライブ)』シリーズに含まれる動画の複製品を無断で販売した著作権法違反(複製権侵害)の容疑で、神奈川県警が被疑者1名を書類送検したことを伝えた。

(画像はSteam『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』より)

 コーエーテクモゲームスの発表文によれば、被疑者はシリーズの女性キャラクターに焦点を当てたバカンスゲーム『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation(エクストリーム ヴィーナス バケーション)』などのゲーム内に存在するムービーシーンを撮影。キャラクターの被服を削除するなどの改変を加えたうえでDVDに録画したものをオークションサイトで販売していたという。

 今回の発表に至っては侵害行為を確認したコーエーテクモゲームスが神奈川県警に被害届を提出しており、今後は刑事事件とは別に、著作権侵害にもとづいて損害賠償を求める民事訴訟を起こす方針だという。

 コーエーテクモゲームスによる発表文は以下のとおり。

「DEAD OR ALIVE」シリーズの著作権侵害行為に関するお知らせ
株式会社コーエーテクモゲームス(取締役社長:鯉沼久史、以下「当社」)は、当社が開発、販売等する『DEAD OR ALIVE』シリーズに含まれる動画を、当社に無断で DVD にコピーし、販売していたとして、神奈川県警が本日、被疑者 1 名を書類送検いたしましたので、以下の通りにお知らせいたします。
被疑者は当社の『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』等のゲーム内の動画を撮影し、キャラクターの被服を削除する等の改変を加えた内容を DVD に録画して、オークションサイトで販売をしておりました。当社は神奈川県警に被害の届出をし、今般、被服を削除する等の一部改変があっても、著作権(複製権)の侵害に該当すると判断されたものです。
なお、本件については、特に悪質な行為であると判断し、刑事事件とは別に、著作権侵害に基づく損害賠償を求めて民事訴訟を提起する予定です。
当社の許可なく当社著作物を複製(一部改変物も含む)して配布、配信することは、著作権者の権利を侵害する行為であり、違法となります。当社ではこのような行為については断固たる措置を取る所存です。
当社では、今後も、著作権の侵害行為に対して厳格に対応すると同時に、多くのユーザーの皆さまにご満足いただけるゲームを提供できるように努力して参ります。

ライター/ヨシムネ

コーエーテクモゲームスの公式サイトはこちら

#コーエーテクモゲームス #著作権法違反 #神奈川県警 #被疑者 #書類送検


『デッド オア アライブ』シリーズの脱衣改変動画を販売した著作権法違反の容疑で神奈川県警が被疑者1名を書類送検。コーエーテクモゲームスは刑事事件とは別に損害賠償を請求する方針