『ワンダと巨像』、『人喰いの大鷲トリコ』を手掛けた上田文人が率いるgenDESIGNが2021年の始りを祝う画像を公開。その中に未発表のビジュアルが潜んでおり新作ではないかと噂される

 『ICO』『ワンダと巨像』『人喰いの大鷲トリコ』の開発で知られるゲームクリエイターの上田文人氏が中心となって結成されたスタジオ「genDESIGN」の公式サイトで、2021年のはじまりを祝う画像が公開され、その中に新プロジェクトと思われるビジュアルが潜んでいることが話題となっている。

(画像はgenDesign | HappyNewYear 2021より)

 「2021」というグラフィックには『ICO』、『ワンダと巨像』、『人喰いの大鷲トリコ』という上田文人氏が携わった作品のビジュアルが使われているのだが、最後の「1」はまだ公開されていない作品のビジュアルが使用されており、これがgenDESIGNの新作ではないかと予想される。

 2020年にはEpic GamesがgenDESIGNの作品をパブリッシュすると発表したのだが、具体的にどのようなゲームになるかの情報は公開されていない。

ただ、新プロジェクトに向けて開発スタッフも募集しているため、新作の発表を期待していいのかもしれない。

 数多くの名作を生み出した上田文人氏の新作とだけあってファンの期待値は非常に高まっている。2021年の大きなニュースになることをファンのひとりとして願いたい。

文/tnhr

#トリコ #新作 #開発 #ゲームクリエイター #結成


『ワンダと巨像』、『人喰いの大鷲トリコ』を手掛けた上田文人が率いるgenDESIGNが2021年の始りを祝う画像を公開。その中に未発表のビジュアルが潜んでおり新作ではないかと噂される