社会現象を巻き起こした「進撃の巨人」が完結 4月に最終回・最終巻は6月発売

  #諫山創 さんの漫画「進撃の巨人」が、2021年4月9日発売の「別冊少年マガジン5月号」にて最終回を迎えることがわかりました。
 諫山さんは「今まで読んできてよかったと思っていただけるように、最終回に向けて頑張ります」とコメントを発表しています。
 「進撃の巨人」は、講談社の別冊少年マガジン創刊号(2009年10月号)より連載中の漫画作品。巨人がいる世界を舞台に、残された人類たちが過酷な状況の中で、戦い生き抜いていくという物語。
 2013年にはTVアニメシリーズ第1期が放映されましたが、これを機にアニメ・漫画ファン以外にも人気が一気に広がり、2013年年末にはオープニング主題歌「紅蓮の弓矢」で #LinkedHorizon がNHK紅白歌合戦に出場。他にも、関連グッズやコラボレーションが軒並み大当たりするなど、社会現象を巻き起こしています。

 完結が明らかとなった原作コミックは、2021年1月8日に33巻を発売。翌1月9日発売「別冊少年マガジン」2月号には表紙で登場し、33巻の続き2話分も掲載。雑誌付録としてオリジナル缶バッジがついています。

 その後、4月9日発売「別冊少年マガジン5月号」に最終回が掲載され、コミックス最終巻は6月9日発売の予定です。
■ 作者・諫山創先生よりコメント
あと3年で終わると8年前から言ってましたが、ようやく終えることができそうです。
大変長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただけましたら幸いです。
決して編集部に引き伸ばされたわけでもなく、むしろ「いつ終わるのか」と急かされ続けての晩年でした。すいません、ようやく終わります。
今まで読んできてよかったと思っていただけるように、最終回に向けて頑張ります。
情報提供:株式会社講談社

#巨人 #進撃の巨人 #最終回 #発売 #漫画


社会現象を巻き起こした「進撃の巨人」が完結 4月に最終回・最終巻は6月発売