オリジナルアニメ『ダイナ荘びより』制作決定、4月放送開始 恐竜のアパート暮らし描く

 『映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』などキャラクター系アニメーションを多数手がけるファンワークスと、アニプレックス、ソニー・クリエイティブプロダクツがタッグを組んだ、“恐竜”オリジナルアニメーション『ダイナ荘びより』が、制作されることが決定した。2021年4月より放送される。

 『ダイナ荘びより』は、3匹の恐竜、ティラノサウルス・トリケラトプス・ステノニコサウルスによる、現代を生きる“いまどき恐竜たち”のゆるくてシュールなアパートライフを描く物語。

 スタッフは、監督を『ジャパンダ』『大福くん』などを手がける野中晶史氏、脚本を『大家さんと僕』『深夜!天才バカボン』などを手がけ実写作品の監督も務める細川徹氏、キャラクターデザインをWEB中心に人気のイラストレーター・うさぎメン氏が担当する。

 また、1日から公式ツイッター&インスタグラムも始動し、うさぎメン氏が描き下ろした恐竜たちの『ゆるくてシュールな日常』が毎日投稿されていく。

■あらすじ
アパート「ダイナ荘」の1室で、性格のまったく違う3匹の恐竜ティラノサウルス・トリケラトプス・ステノニコサウルスが共同生活をすることになった。バイトをしたり、銭湯へ行ったり、スイーツ食べたり。たまに喧嘩もするけど、楽しい日々が続いていく…と思っていたらある日、隕石落下の予報が出て? 現代を生きるいまどき恐竜たちのゆるくてシュールなアパートライフがスタートする。

#絵本


オリジナルアニメ『ダイナ荘びより』制作決定、4月放送開始 恐竜のアパート暮らし描く