花江夏樹、『鬼滅の刃』“善逸役”の予定だったオーディション 運命の出会いに感謝

 声優の #花江夏樹 が、28日放送のバラエティー番組『しゃべくり007年末SP〜鬼滅&ジャニーズ&賞レース王者…今年の“顔”大集結〜』に出演。本格バラエティー番組初登場で、大人気アニメ『鬼滅の刃』の裏話を語った。

 興収324億円を突破し、『千と千尋の神隠し』を抜いて歴代記録1位となった映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に主人公・炭治郎役として出演している花江。社会現象化している心境について聞かれると「作品に対する思いは、いろんな作品をやらせていただいいますが、毎回同じ気持ちでやっているので、『鬼滅の刃』も同じ熱量やらせていただいています。最初は盛り上げていこうという気持ちだったのですが、すごいところまで行ってしまったので、あまり実感がありません」と驚きを隠せない様子。

 主演として注目を浴びるが、炭治郎との出会いについては「運命ですね。タイミングやその時のキャリア、仕事のバランスもあるので、いろんなことが積み重なって、炭治郎に選ばれたと思います」と告白。

 しかし、役のオーディションは当初、炭治郎役で受ける予定ではなかったと明かし、「最初は善逸というキャラクターだけを受ける予定で、急きょ(スタッフさんから)『花江くん、(炭治郎のオーディションに)行ってきて』と言われて行って、受けたら受かったんです」と驚かせた。

#鬼滅の刃 #花江夏樹 #オーディション #運命 #出会い


花江夏樹、『鬼滅の刃』“善逸役”の予定だったオーディション 運命の出会いに感謝