『天穂のサクナヒメ』制作サークルのえーでるわいすと隠岐の島町のブランド米「島の香り隠岐藻塩米」生産者の対談記事が公開へ

 島根県隠岐郡に位置する隠岐の島町役場は、マーベラスから11月12日に発売された『天穂のサクナヒメ』の制作サークル「えーでるわいす」と隠岐の島町のブランド米「島の香り隠岐藻塩米」を生産する米農家による対談記事を、12月28日(月)に隠岐の島町の公式ホームページ上で公開する。

 『天穂のサクナヒメ』は、Nintendo Switch、PlayStation 4、PC(Steam)向けの和風アクションRPGである。日本古来の米作りによって主人公「サクナ」の能力が育つゲームシステムは大きな話題となり、パッケージの売り切れ報告が続出。対談を企画した隠岐の島町役場農林水産課の担当者によれば、ゲームソフトを取り扱う島のおもちゃ屋でもしっかりと“令和の米不足”が起きていたという。

 一方、隠岐の島町のブランド米「島の香り隠岐藻塩米」は、海藻と海水から製造された「藻塩」をうすめたものを生育期に散布して栽培される米だ。

通常の方法で栽培された米よりもマグネシウムの含量が多く、はっきりとした味や粘り、弾力性を特徴としている。

 今回の企画では同じ「モノづくり」を営むインディーゲームクリエイターと米農家が、仕事へのこだわりやそれぞれの業界の話など、さまざまな話題を展開している。『天穂のサクナヒメ』や「島の香り隠岐藻塩米」、そしてモノづくりに興味があればチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

隠岐の島町の公式ホームページはこちら隠岐の島町の公式Twitterアカウント(@OkinoshimaTown)はこちら

#天穂のサクナヒメ #サークル #ブランド米 #生産 #島根


『天穂のサクナヒメ』制作サークルのえーでるわいすと隠岐の島町のブランド米「島の香り隠岐藻塩米」生産者の対談記事が公開へ