『半妖の夜叉姫』法師様・弥勒ついに登場、神通力得るため修行中 せつなに異変も 【第13話】

 『犬夜叉』の新たな物語を描くテレビアニメ『半妖の夜叉姫』(読売テレビ・日本テレビ系 土曜 後5:30〜)の第13話場面カットが公開された。『犬夜叉』でおなじみの弥勒が登場し、殺生丸の双子の娘・せつなに異変が起きる・

 第13話は、徳の高い僧侶や神主を食う妖怪が出現する。翡翠は、父法師の護衛を琥珀から頼まれ、とわとせつなが同行する。翡翠の父、弥勒はかつて何でも吸い込む風穴を右手に持っていたが、奈落を滅して呪いから解放され、今は風穴がなくなっていた。しかし、ある妖怪との戦いで無力さを痛感した弥勒は、神通力を得るための千日の修行を開始。すでに二年が経過していた。一方、人食い妖怪の饕餮は実は四凶の一人で、虹色真珠に導かれ弥勒の前に現れる。

 『半妖の夜叉姫』は、『犬夜叉』の登場キャラクターである殺生丸と犬夜叉の娘たちをメインにしたオリジナルストーリー。殺生丸の娘で令和の時代に生きる14歳の女子中学生・とわ、妖怪退治をなりわいにしているとわの双子の妹・せつな、賞金稼ぎでかごめと犬夜叉の娘・もろは、“妖怪と人間の血を引く半妖の少女たち”の物語が展開される。

■キャスト情報
日暮とわ:松本沙羅
せつな:小松未可子
もろは:田所あずさ
琥珀:木村良平
翡翠:浦尾岳大
竹千代:ファイルーズあい

#半妖の夜叉姫 #異変 #テレビ #犬夜叉 #アニメ


『半妖の夜叉姫』法師様・弥勒ついに登場、神通力得るため修行中 せつなに異変も 【第13話】