『鬼滅の刃』柱合会議・蝶屋敷編の提供イラスト公開 9人の柱、カナエ&カナヲなど

 フジテレビ系で20日、人気アニメ『鬼滅の刃』特別編集版の第3弾「柱合会議・蝶屋敷編」が放送された。この放送のために制作された新規映像や、ufotable描き下ろしによる新規提供イラスト、スペシャルエンドロールなどが追加されており、放送終了後に提供イラストが、ufotableの公式ツイッターで公開された。

 公開された提供イラストは、1「鬼殺隊を支える9つの“柱”達」、2「産屋敷耀哉」、3「我妻善逸、竈門炭治郎、嘴平伊之助」、4「胡蝶カナエ、栗花落カナヲ」で、「今晩の為の、特別な描き下ろしの提供絵」と伝えている。

 「柱合会議・蝶屋敷編」はTVアニメ第22話〜第26話で構成された「竃門炭治郎 立志編」の完結編であり、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』へとつながるストーリー。劇場版にも登場する炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)をはじめとする“鬼殺隊”の主軸をなす最強剣士である“柱”たちが初めて一堂に会し登場する“柱合会議”を含む重要エピソード。

 主人公・竃門炭治郎(かまど・たん #じろう )が隊士でありながら鬼となった妹・禰豆子(ねずこ)と共に行動していることに対して“隊律違反”を犯したと“柱”たちから裁判を受ける。また那田蜘蛛山で負傷した炭治郎と、同期で仲間の我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)、嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)の“蝶屋敷”での修行模様や、劇場版へ続くエピソードまでが描かれた。

#イラスト #鬼滅の刃 #新規 #ufotable #フジテレビ


『鬼滅の刃』柱合会議・蝶屋敷編の提供イラスト公開 9人の柱、カナエ&カナヲなど