『キングダム』“未だ見ぬ君へ” 人気企画第2弾決定 キャンペーン実施も

 『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の『キングダム』(著:原泰久)最新60巻(12月18日発売)を記念して、WEB動画コンテンツ、駅貼り広告、書店でのノベルティ配布など、ファンも未読の人も楽しめるさまざまな宣伝キャンペーンを実施することが決定した。なお、最新60巻はシリーズ初の初版100万部、そして累計発行部数が7000万部を突破した。

 一つ目は、2019年8月に公開した第1弾が好評を博し話題を呼んだ、WEB動画『未ングダム』の第2弾を公開。今回は、『キングダム』ファンのタレントたちによる『キングダム』を未だ読んだことがない人たち“通称「未ングダム」に向けての“プレゼン合戦 ”を実施する。

 プレゼンターは「おっぱっぴ ー」でお馴じみの #小島よしお 、愛猫にオウキと名付けるほどの大ファンという #後藤真希 、そして司会進行役兼プレゼンターとして、前回も出演の #平成ノブシコブシ#吉村崇 という顔ぶれ 。

 また、彼らのプレゼンをジャッジする「未ングダム」審査員として、元 #乃木坂46 の伊藤寧々、元AKB48の倉持明日香、そして『キングダム』読者審査員として、お笑いコンビ・ラランドのニシダが登場。本動画は全2部となっており、プレゼンターそれぞれの角度から語る『キングダム』の熱い魅力に未読の人が読 みたくなってしまうのはもちろん、既読の人もつい読み返したくなってしまう内容となっている。

 二つ目は、これまでの戦いを背負いながらこの先にある大きな夢を見据える、信と政の「目」をテーマにしたビジュアル の駅貼り広告を東京・大阪・福岡に展開。よく見ると描線は歴代の登場キャラクターたちをコラージュして作られており、敵、味方問わず歴戦の戦友たちが託してきた想いを感じる ことのできる広告となっている。

 また、このビジュアルを使用したコミックスのかけ替えカバーをノベルティとして一部書店で配布する(なくなり次第終了)。

 『キングダム』の舞台は、紀元前、中国春秋戦国時代。500年以上の長きにわたり戦乱が続くこの大戦争時代に、中華を目指す若き王と天下の大将軍を志すひとりの下僕がいた。二人の少年たちが見た夢は、七つの国の運命と三百を超えるキャラクターの人生を巻き込んで、まだ誰も知らない壮大な未来へと続いてゆく 。 中華統一。歴史上、最も果てしない戦いを描く大ヒット本格歴史大河コミック。

#キングダム #キャンペーン #週刊ヤングジャンプ #集英社 #連載


『キングダム』“未だ見ぬ君へ” 人気企画第2弾決定 キャンペーン実施も