【更新】長らく販売停止になっていた台湾のホラーゲーム『還願 DEVOTION』が台湾時間12月18日にGOGで再版。セルフパブリッシングに切り替えついに復活へ

【更新 2020/12/17 07:24】GOG.comは公式Twitterアカウントにて、同作の販売を取りやめることを明らかにした。発表からゲーマーより多数のメッセージが寄せられた結果、ゲームをストア上にリストすることを辞めると決断したという。

【原文 2020/12/16 23:32】台湾のゲーム開発会社Red Candle Gamesは、長く販売が停止していた一人称視点ホラーゲーム『還願 DEVOTION』を、GOG.comで再版することを発表した。発売日は台湾時間12月18日。価格は16.99ドル(約1760円)。日本語字幕にも対応する。

 『還願 DEVOTION』は2019年に発売された一人称視点ホラーゲーム。台湾で1960年代に起きた白色テロをテーマにした2Dホラーゲーム『返校 Detention』で高い評価を得たRed Candle Gamesの2作目だ。本作は1980年の台湾の家庭風景をベースにした。

 注目を集めていたが、リリース直後に中国の #習近平 国家主席を揶揄するアセットが発見され、中国のゲームファンを中心に抗議活動が激化。Steamでは多数のユーザーが一丸となって低評価をつける、いわゆるレビュー爆撃を受けることとなった。
 Red Candleはすぐさまアセットを削除するパッチをリリースして謝罪。しかし、2019年2月23日頃中国で販売が停止され、後を追って世界中で販売が停止となった。また、本作のパブリッシャーは当局により中国でのビジネスライセンスを剥奪された。

 台湾の開発会社ということもあり、一時は政治問題にも発展。台湾の陳其邁行政院副院長が、「民主主義と自由がある国でのみ、創造は制限から自由になることができます」と、ゲームを擁護する発言をしたことがBBCで報じられた。

 その後、ゲームはハーバード大学に本作が収蔵され、台湾では豪華なパッケージ版として再版もされたが、約2年間国際的な再版が行われることはなかった。Red Candleは以前、再版のためのパブリッシャーを探していると発言していたが、セルフパブリッシングでの再版となった。

(画像は『還願 Devotion』より)
(画像は『還願 Devotion』より)
(画像は『還願 Devotion』より)

 長く販売が停止しており、政治的な問題もあり再版がとても難しかった『還願 Devotion』。セルフパブリッシングでの再版は、現在開発中だと公言されている次回作への弾みにもなるはずだ。

ライター/古嶋 誉幸

#台湾 #ゲーム #停止 #ホラー #復活


【更新】長らく販売停止になっていた台湾のホラーゲーム『還願 DEVOTION』が台湾時間12月18日にGOGで再版。セルフパブリッシングに切り替えついに復活へ