新たなゲームプレイデモも公開された『グランブルーファンタジー リリンク』はPS4/PS5へ向けて2022年に発売へ。Cygames初の家庭用ゲーム機向けアクションRPG

 Cygames(サイゲームス)は、12月12日(土)に開催したオンラインイベント「グラブルフェス2020」の1日目にて、アクションRPG『GRANBLUE FANTASY Relink(グランブルーファンタジー リリンク)』を2022年にPlayStation 4およびPlayStation 5へ向けて発売する予定を発表した。本作は両プラットフォーム間でのクロスプレイにも対応する。

 『グランブルーファンタジー リリンク』は2016年8月のカンファレンスイベント「Cygames NEXT 2016」で発表された作品であったが、Cygamesのディレクターである福原哲也氏によれば、当時は開発を開始してから半年しか経っていない状態での発表で「早かった」と振り返っていた。

発表時点での開発状況については、さまざまな機能やリソースが仮、もしくは未完成の状態にあるが全体を通してプレイ可能な「アルファ版」の状態にあるという。

 また、過去の映像へ登場した「ブルー」と呼ばれるキャラクターは、本編の主人公「グラン」「ジータ」が2015年以降にいちキャラクターとしての人気を獲得していたことからお蔵入りとなった。衣装デザインについてはそのままグランとジータへ受け継がれた。そして、カラーリングは対戦格闘ゲーム『グランブルーファンタジー ヴァーサス(グラブルVS)』へ伝わり、開発担当のアークシステムワークス社内で「思い出カラー」と呼ばれているようだ。

 このほか、共同開発で参加していたプラチナゲームズとの契約が2019年2月に終了してからの流れの説明や、アクション部分の基本的なゲームシステム、ストーリーの一部を切り取った実際のゲームプレイが紹介されている。

(画像はYouTube「【グラブルフェス2020】Day1生中継」より)

ライター/ヨシムネ

『GRANBLUE FANTASY Relink』公式サイトはこちら「グラブルフェス2020」公式サイトはこちら

#グランブルーファンタジー #発売 #アクション #RPG #PS4


新たなゲームプレイデモも公開された『グランブルーファンタジー リリンク』はPS4/PS5へ向けて2022年に発売へ。Cygames初の家庭用ゲーム機向けアクションRPG