初代から『オデッセイ』まで。「スーパーマリオ」シリーズのさまざまなマリオが出てくる「チョコエッグ スーパーマリオ」12月14日より全国発売

 菓子メーカーのフルタ製菓は、玩具付き菓子「チョコエッグ」シリーズから新たな「チョコエッグ スーパーマリオ」を12月14日(月)に全国発売する。希望小売価格は税込220円。全国のスーパーや量販店の菓子売場で取り扱われる。

 「チョコエッグ」は、1999年より発売されている準チョコレートの玩具付き菓子だ。本シリーズはかつて、フィギュアメーカーである海洋堂の松村しのぶ氏が手がけた「動物のテーマシリーズ」がきっかけで人気を博し、「食玩」「大人買い」「シークレット」などの言葉が生まれるほどの社会現象となった。
 残念ながら、海洋堂とは方針の違いにより2001年に契約を解消してしまったが、現在では累計80弾以上のシリーズを発売するロングセラー商品に成長している。

 今回発売される「チョコエッグ スーパーマリオ」の新弾では、過去の『スーパーマリオブラザーズ』シリーズで登場したマリオのフィギュアがランダムで封入されている。

また、対応する各ゲームソフトのパッケージをイメージしたシールおよびプラスチックプレートも付属する。

 バリエーションはシークレット1種類を含む全16種類。興味があれば、各世代ごとに思い入れが異なるであろうマリオを集めて楽しんでみてほしい。

ライター/ヨシムネ

フルタ製菓の公式サイトはこちら

#全国 #発売 #オデッセイ


初代から『オデッセイ』まで。「スーパーマリオ」シリーズのさまざまなマリオが出てくる「チョコエッグ スーパーマリオ」12月14日より全国発売