漫画『チェンソーマン』第1部完結、第2部がジャンプ+に掲載へ TVアニメ化など新情報続々

 人気漫画『チェンソーマン』(原作:藤本タツキ)が、14日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)2021年2号にて第1部「公安編」が最終回を迎えた。あわせてテレビアニメ化の決定や、第2部が漫画アプリ『少年ジャンプ+』にて掲載されることなど新情報が続々と発表された。

 『週刊少年ジャンプ』で2018年12月より連載がスタートした同作は、チェンソーの悪魔・ポチタとともにデビルハンターとして暮らす少年・デンジが主人公で、親が残した借金返済のためド底辺の日々を送る中、裏切りに遭い殺されてしまう。薄れる意識の中、デンジはポチタと契約し、悪魔の心臓を持つ『チェンソーマン』として蘇り、世の悪魔を狩るダークヒーローアクション。

 唐突に明かされる謎や衝撃の展開が話題を呼び、『ジャンプ』が発売される度に、最新話の内容がツイッターでトレンド入りする人気作品で「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019」9位、「第5回次にくるマンガ大賞」コミックス部門2位、「このマンガがすごい!2020」オトコ編4位、そして先日発表された「このマンガがすごい!2021」オトコ編1位にランクイン。

コミックスは現在9巻まで発売されており、累計発行部数500万部(電子版含む)を突破している。

 7日発売の同誌2021年1号にて最終回を迎えることが発表されていたが、本日14日発売の同誌2021年2号にて第1部「公安編」が完結したことを発表し、第2部が漫画アプリ『少年ジャンプ+』にて掲載されることが発表された。コミックス第10巻は来年1月4日、最終11巻は3月4日に発売される予定。なお、同誌での連載完結を記念して、連載最終話の原稿が手に入るB5サイズ複製原画(複製原画19枚、カラー原稿1枚)の応募者全員サービスを実施している。(※読者負担額3850円)

 また、同号では、テレビアニメ化されることが明かされ、アニメーション制作は現在放送中の人気アニメ『呪術廻戦』『進撃の巨人 The Final Season』を手がけるMAPPAが担当。ティザービジュアル、アニメ公式&ツイッターも公開された。

 そのほか、登場キャラクターのデンジ&パワーの「ねんどろいど」化、アミューズメント景品ににいぐるみ&クッションが登場、アニメイト池袋4号店にて来年3月よりコラボカフェが開催されることなど、さまざまなグッズ制作や企画展開が明かされている。

 作者・藤本氏は、1993年10月10日生まれの秋田県出身。読切『恋は盲目』で2013年11月期第「クラウン新人漫画賞」佳作を受賞し、同作が2014年に『ジャンプSQ.』に掲載されデビュー。その後、代表作となった初連載作品『ファイアパンチ』を16年〜18年まで漫画アプリ『少年ジャンプ+』で連載し、独特な世界観と絵のタッチが話題となり、『チェンソーマン』連載時では同誌にて“『ファイアパンチ』の奇才が放つ”と称されていた。

#ジャンプ #漫画 #チェンソーマン #アニメ #週刊少年ジャンプ


漫画『チェンソーマン』第1部完結、第2部がジャンプ+に掲載へ TVアニメ化など新情報続々