「完成度高すぎ」とファン戦慄!コスプレイヤー・だるま、大反響の「鬼滅の刃」童磨コスの別カット公開

 コスプレイヤーのだるまが、12月10日にInstagramを更新。人気漫画「鬼滅の刃」の敵キャラクター・童磨のコスプレが大好評を博したことを受けて、表情作りやライティングの妙が光る別カットを公開した。
 2016年11月から2020年5月まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された漫画「鬼滅の刃」は、主人公の竈門炭治郎をはじめ個性豊かな鬼殺隊の面々と、邪悪な人喰い鬼との戦いが描かれた人気作品。2019年放送のアニメ版をきっかけに社会現象的なブームを巻き起こし、コミックスのシリーズ累計発行部数は1億2000万部を突破。12月4日に発売されたコミックス最終23巻は、初版395万部を記録した。


 童磨は鬼の首魁・鬼舞辻無惨が率いる精鋭・十二鬼月のナンバー2にあたる“上弦の弐”を担う最強クラスの鬼。敵・味方を問わず親しげな口調で接するが、その内面はきわめて残虐かつ冷徹であり、「鬼滅の刃」に登場する鬼の中でも特に邪悪な存在として描かれている。アニメにはいまだ未登場のため、今後さらに知名度と注目度が増していくであろうキャラクターだ。

 Instagramのフォロワー数が6万人を超える人気コスプレイヤーのだるまは、12月8日の更新で童磨に扮した写真を披露。そのクオリティの高さがネット上で話題を呼んでいた。だるまは10日のInstagramでも「はやく童磨をテレビで見たい」とファン心理をつづり、ふたたび同キャラクターのコスプレショットを公開。恍惚とした笑顔からは狂気がにじみ出ており、先の投稿以上に童磨の底知れない不気味さが表現された1枚となっている。

 童磨への没入ぶりが伺える秀逸なコスプレに、ファンは「完成度高すぎ」「パーフェクト」「表情がよい」「本物すぎる!」と大興奮。また「はやく童磨をテレビで見たい」というキャプションに対しても「同感」「わかる」「激しく同意です」など共感の声が相次いだほか、アニメで同キャラクターを演じる声優を予想するコメントも寄せられた。

#コスプレ #だるま #鬼滅の刃 #コスプレイヤー #完成


「完成度高すぎ」とファン戦慄!コスプレイヤー・だるま、大反響の「鬼滅の刃」童磨コスの別カット公開