藤森慎吾、西野亮廣を“叩いてた”過去 『プペル』で気づいた「自分の未熟さ、愚かさ」

 お笑いコンビ・キングコングの #西野亮廣 の絵本を原作としたアニメーション『映画 えんとつ町のプペル』(25日公開)。本作には、重要なキャラクターとして位置づけられている、おしゃべり鉱山泥棒・スコップ役で、 #藤森慎吾 が出演している。藤森は、過去に西野を「叩いて、いじっていた」過去があったことを告白し、『プペル』からどのような影響を受けたのか、明かしてくれた。

 同作は、いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチ( #芦田愛菜 )と、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペル( #窪田正孝 )が「星を見つける旅」へと出る物語。大ヒットした絵本では描かれなかった、えんとつ町の“本当の物語” を映画では描き出す。

 藤森が演じるスコップは、思ったことをなんでも口にしてしまい、プペルとルビッチにも重要なことをペラペラとしゃべってしまうキャラ。

そして、えんとつ町の秘密を知る重要なキャラクターとして、ルビッチとプペルの冒険を支える、心優しい一面も持ち合わせている。藤森も「秘密を知っているくせに口が軽いという、まさに僕みたいな性質も持った男なんです。でも人に対してすごく情に熱く、ちょっとロマンチストだったり、本当におしゃべりで口が軽いけど憎めないやつです」と自身と重なる部分もあるという。

 このキャラクターのオファーが届いたときは「嘘くさく聞こえますけど、西野さんのためなら、頑張りたいなって思いました。西野さんの作った最高傑作に最高のパフォーマンスでお答えしたいと、そういう意味でめちゃくちゃ楽しみでした」と当時を振り返る。

 一方で「西野さんに対して、僕は世間と同じような行動をとってきた人間でした。世間が西野さんを叩いているときに僕も一緒になって西野さんを叩いて、いじっていた」と打ち明ける。それでも脚本を読んで「自分の未熟さとか、愚かさとかに気づきまして、だからこそ西野さんへのしょく罪ですね。そういう意味もあって、本当に心打たれる、感動する脚本と“あとがき”でした」と西野が執筆中に世間からバッシングを受けていた事実、それでも挑戦することを止めずに作り上げたことが、藤森の心を動かしたようだ。

 『プペル』との出会いで「この歳になって、こんなに影響を受けるかっていうぐらい、すごく心を突き動かされました。大人になっても、どこかで折り合いをつけたり、何かに対して諦めた人ってたくさんいると思うのですけれども、そんな人にも刺さる作品」と話す。そして「間違いなく僕がその中のひとりだったので。今年この作品に携わったことで芸人人生が転換期を迎えました。だから、まだまだやれることはある。夢はいつからでも叶えられるということをこの作品が教えてくれました」と本作に感謝し、さらなる飛躍を決意した。

#お笑い #絵本 #アニメーション


藤森慎吾、西野亮廣を“叩いてた”過去 『プペル』で気づいた「自分の未熟さ、愚かさ」