「The Game Awards 2020」ゲーム・オブ・ザ・イヤーは『The Last of Us Part II』(ラスアス2)が受賞。ほかベストゲームディレクション賞など、計7部門を総なめ

 日本時間の12月11日(金)にアメリカ・ロサンゼルスで行われたアワードイベント「The Game Awards 2020」にて、『The Last of Us Part II』が、1年間でもっとも優れたゲーム作品を決める「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 「The Game Awards」は、「Spike Video Game Awards」(2003〜2012)と「VGX」(2013)の2つのアワードイベントを前身とする。著名な業界人の集まる団体によって選ばれる「D.I.C.E. Awards」や、世界のゲーム開発者が集まるイベント中に選ばれる「Game Developers Choice Awards」などの賞と並び、大きな影響力を持つアワードである。

 今回ゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝いた『The Last of Us Part II』は、ほかベストゲームディレクション賞、ベストナラティブ賞、ベストオーディオデザイン賞、イノベーション・イン・アクセシビリティ賞、ベストアクション/アドベンチャー賞の6部門で受賞。合計で7冠となる快挙を達成した。

※画像はすべて配信映像からキャプチャしたものです。


「The Game Awards 2020」ゲーム・オブ・ザ・イヤーは『The Last of Us Part II』(ラスアス2)が受賞。ほかベストゲームディレクション賞など、計7部門を総なめ