『ジャンプ+』新たな連載形式を発表、個人で自由に連載可能な枠創設 編集部のネームチェック経ず

 漫画アプリ『少年ジャンプ+』は11日、個人で自由に連載できる「インディーズ連載枠」を創設した。編集部が挑む新たな連載形式で、インディーズ連載枠に掲載する作品は、担当者がつかず、編集部のネームチェックを経ずに自由に連載できる。また、特徴として原稿料に加え、人気ボーナス金もあわせて支払われるほか、人気ボーナス金は各話の閲覧数に応じて変動し、連載中に人気が上昇して閲覧数が増えるほど金額が上昇する。

 インディーズ連載枠に掲載する作品は、漫画投稿・公開サービス『ジャンプルーキー!』内に新しく設けた『ジャンプ+連載争奪ランキング』にて争われ、同ランキングで1位を獲得した作品に、毎月『ジャンプ+』連載権を授与し連載が決定する(連載権を授与された作品は、編集部と開始時期を相談のうえ、1年以内に連載をスタート。掲載ペースは週刊か隔週刊での連載を想定)。

 この枠で連載することにより、1600万ダウンロードを超える『少年ジャンプ+』内で、『SPY×FAMILY』や『怪獣8号』など話題の作品と人気を競うことができ、読者の支持を得ることができれば、“自身の投稿作”が“話題のヒット作”へ成長させることが可能となる。

 今回、創設記念キャンペーンとして、12月〜2021年2月は連載権授与の枠が3倍に。期間中の『ジャンプ+連載争奪ランキング』上位3作品には、必ずインディーズ連載権を授与する。

 少年ジャンプ+編集部は「『少年ジャンプ+』に、『個人で自由に連載できる』『閲覧数に比例して貰える金額が上下する』そんなインディーズ連載枠を新設します。『商業誌では連載したいけど担当とのやりとりが億劫だ』『商業経験が浅いと原稿料が安くて不公平だ』そんな悩みをもっている漫画家さんはいませんか?」と作家に呼びかけ。

 「『少年ジャンプ+』インディーズ連載では、編集部のネームチェックを経ずに自由に連載できます。(表現等掲載基準に達しているかの確認はさせていただきます) ★各話の閲覧数に応じて原稿料(※5000円)+αが上下し、1ページあたり最高2万円得ることもできます」と説明している。

■「ジャンプ+連載争奪ランキング」へのエントリーについて
・各話8ページ以上で投稿。
・対象となるのは3話以上更新されている連載作品。
・ランキングは最新3話の閲覧数(各話公開の7日分)の合計で決定。(最新話が当月にあるとランクインできる)
・翌月8日にはランキングが確定。

■「ジャンプ+インディーズ連載」権を獲得するには?
・「ジャンプルーキー!」内に新設された「ジャンプ+連載争奪ランキング」で1位になると獲得可能。
・12月11日正午よりエントリー開始。
・ランキングは、エントリー作品の最新3話分の閲覧数の合計で決定。
・最新話を投稿するとその月のランキングにエントリーすることが可能。
・連載権を獲得しない限り、同じ作品で最新話を更新する度にエントリーが可能。

#連載 #ジャンプ #インディーズ #ボーナス #漫画


『ジャンプ+』新たな連載形式を発表、個人で自由に連載可能な枠創設 編集部のネームチェック経ず