漫画『殺し愛』テレビアニメ化 殺し屋同士の愛と狂気のサスペンス

 月刊漫画雑誌『月刊コミックジーン』で連載中の『殺し愛』がテレビアニメ化されることが決定した。15日発売の同誌2021年1月号の表紙でも告知され、これを記念して、著者・Fe氏より、お祝いのイラストとコメントが公開された。

 同作は、殺し屋組織に属する女性賞金稼ぎのシャトーが、ある日の現場で、謎の賞金稼ぎ・リャンハと鉢合わせる。圧倒的な実力差を見せつけられて万事休すかと思われたが、リャンハが要求してきたのは連絡先の交換。そしてその日からリャンハにストーキングされる日々が始まってしまい、クールな女性殺し屋・シャトーと、彼女をストーキングする最強の男性殺し屋・リャンハ。そんなふたりの殺し屋同士の愛と狂気を描いたサスペンス作品。コミックスは9巻まで発売されており、累計62万部を突破している。

 今回のアニメ化にFe氏は「どうしたことかアニメにしていただける運びとなりました。この漫画を見守ってくださった方々のお力添えがあったからこそです、本当にありがとうございます! こんなタイトルのままで大丈夫?とかあのキャラの名前大丈夫? などもご心配も含めて笑、どうかご一緒に楽しみにしていただけますように。重ねて、この作品に携わって下さった方々・読者の皆様に心からの感謝を込めて」と喜びのコメントを寄せた。

#漫画 #テレビ #アニメ #サスペンス #漫画雑誌


漫画『殺し愛』テレビアニメ化 殺し屋同士の愛と狂気のサスペンス