不良漫画『クローズ』壁の落書き誕生秘話 作者が友人の結婚式行けず“相合い傘”描き祝福

 人気不良漫画『クローズ』のスペシャルイベント『Reクローズ、Re男気。〜もう一度、「男」が惚れる「カラス」に会いに〜」が、11日〜13日まで東京・Studio Mixaで開催される。それを記念して11日に内覧会が行われ、『月刊少年チャンピオン』編集長・信田敬介氏と映画『クローズZERO』(2007年公開)片桐拳役を務めた #やべきょうすけ が出席した。

 『クローズ』は1990年〜98年まで同誌で連載された人気不良漫画で、不良少年をカラス(CROW)に例えたことからタイトルが名づけられた。開始当初は不良校・鈴蘭に転校してきた主人公・坊屋春道を軸に、さまざまな強敵とけんかを重ねて友情を育んでいく様子が描かれた。シリーズ全体を通して男気あふれる個性的な登場人物たちの生き様が多くの人を熱くし、2007年に #小栗旬 主演で実写映画化などされた。

 同イベントは、『クローズ』シリーズ生誕30周年と『月刊少年チャンピオン』創刊50周年を記念して開催されたもので、クラウドファンディングで実現した「鈴蘭高校屋上」を再現したフォトスポット、原画、登場人物たちの名言などが展示されている。

 会場にある等身大の坊屋春道を見たやべは「一回、会釈しました」と照れ。その後ろには映画の名シーンにもあった“鈴蘭高校屋上”が再現されており、「鈴蘭の頂点!」「唯我独尊」などと壁の落書きがあることから「聞いたところによると、壁の落書きの始まりって、『いつからするようになったのですか?』と師匠(作者・高橋ヒロシ氏)に聞いたら…」と誕生秘話を聞いたと説明。

 「連載をしている時に田舎にいる友達の結婚式に出る予定だったそうなのですが、(作業もあって)このままだと間に合わない。『なにかプレゼントできないか?』というところから、奥さん、旦那さんの名前を壁に相合い傘で、いたずら書きのように書いたことが始まり。『行けなくてごめんね』というところから始まった」と伝えた。

 続けて「高橋先生らしいというか、仲間や人を思うところ、自分ができるところからの表現だったのかなと。このエピソードはすてきだなと、覚えていますね」と話すと、信田編集長も「一般には初出しのエピソードではないでしょうかね」と驚いていた。

#漫画 #落書き #誕生 #友人 #結婚式


不良漫画『クローズ』壁の落書き誕生秘話 作者が友人の結婚式行けず“相合い傘”描き祝福