2020年のYouTubeゲーム系動画、『マインクラフト』が1位を達成し「2010億ビュー」を記録。プラットフォーム全体では記録的な成長を遂げ総視聴時間1000億時間を超える

 YouTube Gamingは、2020年のゲーム系動画についての統計データを公式ブログで発表した。

 それによると、ゲーム系動画の総再生時間は1000億時間(約11万4155年分)、アクティブなゲーム系チャンネルは4000万チャンネル以上にのぼったという。登録者数10万人超え8万チャンネル、登録者数500万人超え1000チャンネル、1000万人を超えたのはなんと350チャンネルと、過去最大となった。

 視聴されたゲーム別に見ると、1位となった『マインクラフト』の圧倒的な視聴数が目立つ。2010億回ビューと、2位以下の記録を3倍近く上回る記録をたたき出した。視聴回数のトップ5は以下のとおり。

『マインクラフト』:2010億ビュー
『Roblox』:750億ビュー
『Garena Free Fire』:720億ビュー
『グランドセフトオートV』:700億ビュー
『フォートナイト』:670億ビュー

 『Roblox』と『Garena Free Fire』は日本ではあまりなじみがないかもしれない。『Roblox』はアメリカでとくに子供に人気のゲームで、自分でゲームを作ったり、ほかのユーザーが作ったゲームを遊べるプラットフォーム。『Garena Free Fire』は南米を中心に人気を博しているモバイル向けバトルロイヤルゲームだ。
 生配信で人気のゲームは上記のランキングから『Roblox』が抜け、『PUBG Mobile』がランクインしている。

 2020年視聴回数が多かったイベントの筆頭に、『フォートナイト』とラッパーのトラヴィス・スコット氏がコラボしたゲーム内のイベント「Travis Scott and Fortnite Present: Astronomical」参考URL)があげられている。記事執筆時点で1億ビューを超えている。

 ほかにも、6月に公開されたPlayStation 5のイベント「THE FUTURE OF GAMING SHOW」参考URL)や、7月に公開されたXboxのイベント「Xbox Games Showcase」参考URL)も入っている。次世代機が発売する年ということで、各プラットフォームともかなり注目されていた。

 とくに注目度の高かったゲーム系YouTubeチャンネルは『マインクラフト』の動画を公開し続けるチャンネル「Dream」(参考URL)。2020年1月には100万人が登録していたが、10月には1300万人を突破。1年にも満たない時間で1000万人以上の新規登録者を獲得した。記事執筆時点で1390万人がチャンネルに登録している。

(画像はYouTube Official Blogより)

 ブログではほかにも2020年注目のゲーム系コンテンツクリエイターなどが紹介されている。2020年のYouTubeを振り返りたい方は、ブログを確認して欲しい。

YouTube Gaming 公式サイトはこちら

ライター/古嶋誉幸

#記録 #YouTube #マインクラフト #記録的 #チャンネル


2020年のYouTubeゲーム系動画、『マインクラフト』が1位を達成し「2010億ビュー」を記録。プラットフォーム全体では記録的な成長を遂げ総視聴時間1000億時間を超える