『半妖の夜叉姫』人喰い沼を舞台に妖怪退治 犬夜叉に登場した妖怪登場

 『犬夜叉』の新たな物語を描くテレビアニメ『半妖の夜叉姫』(読売テレビ・日本テレビ系 土曜 後5:30〜)の第11話場面カットが公開された。『犬夜叉』コミックス40巻第8話「毒蛟」〜第10話「鉄砕牙の暴発」、43巻第5話「沼渡」〜第7話「刀の成長」に出てきた妖怪が登場する。

 第11話は、人も獣も鳥も喰うという人喰い沼が舞台。その沼には何かが潜んでいた。退治に向かったとわとせつなは、沼近くに住む彦丸と千代の兄妹と知り合う。二人の両親も沼の犠牲になっていた。千代達を家まで送り届けたとわ達は、兄妹のおばあさんから泊まっていくよう勧められる。彦丸達から、沼に「毒蛟」という妖怪が棲み着いていることを聞くとわ達。一方、帰ってこない二人を心配していたもろはは、沼近くでとわ達と合流、妖怪退治に加わる。

 『半妖の夜叉姫』は、『犬夜叉』の登場キャラクターである殺生丸と犬夜叉の娘たちをメインにしたオリジナルストーリー。

殺生丸の娘で令和の時代に生きる14歳の女子中学生・とわ、妖怪退治をなりわいにしているとわの双子の妹・せつな、賞金稼ぎでかごめと犬夜叉の娘・もろは、“妖怪と人間の血を引く半妖の少女たち”の物語が展開される。

■キャスト情報
日暮とわ:松本沙羅
せつな:小松未可子
もろは:田所あずさ
琥珀:木村良平
翡翠:浦尾岳大
竹千代:ファイルーズあい

#妖怪 #犬夜叉 #半妖の夜叉姫 #舞台 #テレビ


『半妖の夜叉姫』人喰い沼を舞台に妖怪退治 犬夜叉に登場した妖怪登場