ZONeとJeSUが「eスポーツテスト」を公開。eスポーツに不可欠な能力をスマートフォンから無料で測定、トレーニングに役立てられる

 サントリーフーズが販売するエナジードリンクブランド「ZONe」は11月25日(水)、「JeSU公認 全国統一 eスポーツテスト presented by ZONe」(以下、eスポーツテスト)を公開した。「eスポーツテスト」は、スマートフォンからプレイできるテストで、eスポーツに必要不可欠な自身の能力を無料で診断、測定することができる。

 この「eスポーツテスト」は、一般社団法人日本eスポーツ連合こと「JeSU」と、eスポーツ研究の第一人者である馬場章氏が監修をしたもの。テストは3つに分かれており、手を駆使する「HAND」、目を駆使する「EYE」、脳を駆使する「BRAIN」を通して、eスポーツに不可欠な操作力、認知力、思考力、反射力、持久力という基礎能力をそれぞれ測定する。

 本テストは、プロeスポーツプレイヤーとしての能力を問うものではなく、3つのテストの記録と、5つの基礎能力を総合的に評価した偏差値を知ることで、自分の長所短所、実力などを把握・分析して、トレーニングに役立てることが目的だ。

なお、本テストはJeSUが発行するプロライセンスの選考に関係するものではないので、安心して試してみてほしい。

 日々のテストにおける成長の記録として、毎日、各ゲームの最高記録を「デイリーハイスコア」として記録することができる。過去30日分のデイリースコアを個人記録として保存し、 30日分のデイリースコアの推移を折れ線グラフとして表示することが可能だ。

 なお、本テストは専門アプリではなく、ブラウザを使ったものとなっている。科学的な知見に基づいたものいう本格的なテストだが、無料ということもあり、スマートフォンさえあれば手軽にどこでもテストができるので、eスポーツに興味がある人は試してみてはいかがだろうか。

 以下、プレスリリースに付与されていた本テストの監修を務めた馬場章氏のコメントと、OMOCHI選手、JACK選手、まさちゅう選手のインタビュー、それぞれの選手からのアドバイスを掲載する。

■eスポーツテスト監修者・馬場章氏のコメント

馬場章氏

監修に当たっては、強くてうまいeスポーツプレイヤーになるために、科学的知見に基づいて、「eスポーツテスト」の実効性や全体のバランスを検証し、利用方法についても検討しました。「eスポーツテスト」は、eスポーツに必要なビジョンスキル(視能力)を中心に、それに基づく五つの基礎能力を客観的に測定することができます。カンも大切ですが、数値で自身の能力レベルや得手不得手が把握できるので、プレイヤーとしての自分の長所や弱点を知って、長所を伸ばし、弱点を克服するのに役立ちます。
また、「eスポーツテスト」はeスポーツのトレーニングツールとしても活用できます。その場合は、少なくとも1日おきに利用してください。「eスポーツテスト」の前後にストレッチやフィジカルトレーニングを組み合わせると、さらに効果が期待できます。
学校でeスポーツを専攻している学生・生徒の皆さんや、eスポーツ部・eスポーツサークルで活動している学生・生徒の皆さんは、日々のトレーニングメニューの中に「eスポーツテスト」を組み込んでください。eスポーツのトレーニングは「ゲーミング」「フィジカル」「メンタル」の3本柱です。
「eスポーツテスト」はこれらすべてに関与する測定ツールであり、トレーニングツールです。eスポーツは強くてうまくなるだけでなく、楽しむことも大切です。プレイヤーがタイトルを選択する際には、ゲームとの相性を考えて楽しめるジャンルがよいでしょう。そのジャンルで強くなるために「eスポーツテスト」を活用してください。また、プレイヤーは複数のタイトルをプレイすることが多いので、同じジャンルで他のタイトルに挑戦する場合や、異なるジャンルのタイトルに挑戦する場合も「eスポーツテスト」の結果が参考になります。
■eスポーツ日本代表OMOCHI選手・JACK選手・まさちゅう選手インタビュー

jack選手
masachu選手
omochi選手

ライター/福山幸司

#eスポーツ #テスト #スマートフォン #無料 #トレーニング


ZONeとJeSUが「eスポーツテスト」を公開。eスポーツに不可欠な能力をスマートフォンから無料で測定、トレーニングに役立てられる